« ばんえい記念観戦記 | トップページ | 帯広の食べ物2.スイーツ三昧 »

帯広の食べ物1.豚丼

Butadon帯広名物・豚丼。
今回の旅で初めてその存在を知ったのだが、かなりメジャーな食べ物らしい。なにしろ帯広駅の案内所には「スイーツMAP」とならんで「豚丼MAP」がおいてあるほどだ。
写真は駅前の「ぱんちょう」というお店の豚丼。立地も便利で閉店が19時なためか、18時頃には結構な行列となっていた。
油っこそうにみえるが、意外とペロリと食べられました。

で、その名物にあやかってこんなお土産品も。
Butadon_key_1
「豚丼ストラップ」。
豚肉たっぷりの丼の中に、生身のぶたが腰まで埋まっているシュールな一品。なぜかぶたさんに「大ちゃん」という名前までついている。

この「大ちゃん」のこの後の運命を考えると、
とてもつぶらな瞳を正視して「豚肉っておいしいね」とは言えなくなってしまう。

畜産の地・十勝帯広ではこのようにして「自分の生が、多数の生物の命の上に成り立っていること」をひたすら認識しながらお食事なさいということなのだろうか。考えすぎか。
とりあえずこのストラップは、ぶたさんをピッグとしてもポークとしても愛してやまない知人へのお土産に買いました。

|

« ばんえい記念観戦記 | トップページ | 帯広の食べ物2.スイーツ三昧 »

旅行・地域」カテゴリの記事

スイーツ以外の食べ物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 帯広の食べ物1.豚丼:

« ばんえい記念観戦記 | トップページ | 帯広の食べ物2.スイーツ三昧 »