« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

ヴィクトリアマイル回顧(&ダーク産駒成績)

20060514_1

2006年5月14日、新設GI・ヴィクトリアマイルが東京競馬場で開催された。
第1回、さらにGI馬5頭を含む当代の実力牝馬が集結とあって、当日の東京競馬場は5万9千人近い観衆を集めるにいたった。
私が到着したのは昼過ぎだったが、ひと昔前の競馬隆盛期ほどではないにせよ、
「第1回だもんね」「4歳 VS 5歳の対決がさぁ」
と、華やかなにぎわいを見せていたように思う。

レースのときが近づく。パドックは10レースの頃には人でいっぱいになった。
人垣の頭の間からのぞくと、ダンスインザムードが落ち着き払っているのが見えた。
3歳春に無敗で桜花賞を制して以来、すぐにヒートアップする性格が災いしてずっと勝ちから遠ざかっている。時折、GIで好走しても、それが続かず惨敗を繰り返すのも周知のこととなって久しい。それに、桜花賞を制したときの鞍上は、今回は別の強豪馬の手綱をとっていた。
私は、兄であるダンスインザダークを応援してきた人間だから、自然とダンスインザムードばかり目に入ったが、そういえばどの馬もいたって大人しく、落ち着いて周回してみえた。
1番人気・ラインクラフトがややいれこみ気味な他は、さすが古馬牝馬の一線級の舞台といえただろう。

20060514_2それまで静かに歩いていたダンスインザムードに変化があったのは、北村宏司騎手が騎乗したときだった。
背中の重みに反応するように、突然激しく首をふる。
一度いれこみ始めると止まる術をしらず、本場場入場までずっと暴れまくっていた。
今年に入ってからのダンスインザムードは、別馬のように落ち着きを身に付け、
牡馬相手の重賞でも好走してきたのじゃなかったか。
さっきまで落ち着いていたとはいえ、あれでは元の黙阿弥では・・・
一抹の不安がよぎった。

しかしゲートが開くと、そんな不安を払拭するように、1枠1番からキレイなスタートを見せた。
そのまま内枠を生かして好位につける。周りを囲まれながらもかかる様子はない。
そのまま4コーナーのカーブを過ぎると、少し前が塞がりかけた。
が、府中のマイルは、コーナーを回ってからが長い。
北村騎手の騎乗に迷いはなかった。直線途中、前を走るマイネサマンサがわずかに外に動くと、
空いたスペースにダンスインザムードの鼻面を突っ込み、一気にGOサインを出した。
ゴールまでの距離は、200mを切っていた。
しかし、1頭で先頭に踊り出ると気を抜くダンスインザムードにとってはそれがちょうどよい距離だった。
大外、かつての鞍上が手綱をとるエアメサイアが強襲するも、
鮮やかに塗られたゴール板前を最初に通り過ぎたのは、漆黒の馬体と小さくガッツポーズした北村騎手だった。

20060514_3それまでのGI挑戦で得た経験と、失敗を繰り返さない好判断。
調教のときからまたがり続けている北村騎手は、愛馬のすべてのクセをふまえて、最善の道を選ぶことに専念した。
馬に力がなくても騎手の判断が逸れても成し得ない、パートナーを認め合った勝利だったように思う。

勝利ジョッキーインタビューで
「これで少しは先生(藤沢師)に恩返しできたかな」
と語る北村騎手にとって、GIは初勝利。所属厩舎の馬で勝てたことに喜びをのぞかせた。
新人賞を獲ったこともある8年目ジョッキーがようやく大きな勲章を手に入れた。

口取りの写真撮影時も、ダンスインザムードは興奮おさまらないのか、
しきりに首を振って北村騎手を戸惑わせていた。
こんな気難しい馬をよく・・・と、改めてこの勝利を評価したく思った。
また、一度メンタル面で落ちてしまった馬を立て直すのは、
よほど陣営が忍耐強く、細やかにケアした結果だろう。
元々馬の精神面を重視する藤沢和雄師ならではの復活劇だったことも、併せて拍手を送りたい。

▼当該週の主なダンスインザダーク産駒成績
スマイリングルーラ、京都3歳500万下勝利!
京都ジャンプS、マルブツトップ6着。
是政特別、オースミダンスイン5着。
新潟4歳上500万下、キタサンメッセージ14着。

5/14
下鴨S、トウカイラブ3着、フェイトトリックス11着、アドマイヤコンドル12着。
八ヶ岳特別、トウショウパワーズ5着。
赤倉特別、リンドーロ13着、ヘキレキ15着。
京都障害未勝利、インタータイヨウ2着。
京都4歳上1000万下、ミツワスカイハイ3着、メイショウアカシ8着。
京都4歳上1000万下、キタサンラブソング16着。
新潟4歳上500万下、ゼンノホワイト9着。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

次回予告と、コスモバルクを信じて待つ。

ぱったり更新が滞っていまして申し訳ない。
書くネタだけは果てしなくあるのですが、ありすぎて書く方が追いついていない状態です。
一応、現状でのこのあとの予告を。

・ヴィクトリアマイル回顧(いつの話だ…)
・TCK・内田博幸騎手弁当
・地方競馬教養センター・内田博幸騎手招待レース観覧記
・セパ交流戦、横浜VS西武 雨の秦VS松坂観戦記
・新宿にばん馬がやってきた!「雪に願うこと」イベント観覧記

明日から4日連続でまた競馬関連イベントに行くので、更に増える予定です。

あと、今気になっているのはコスモバルクの状況。
今日のターフトピックスで、シンガポール国際航空Cが鮮明な画像で放映されていて、
改めてバルクの強さを実感したとともに、無事の帰国を一層祈らずにはいられませんでした。
Dsc00142地方競馬に行こう!さんが情報のまとめをされていますが、本当にバルクほど数奇な運命の馬もいないですね。
今はただ、信じてその帰国を待つだけです。
(写真は、北海道・新千歳空港内に展示されているコスモバルクのゼッケンや写真)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大魔神・佐々木、ホッカイドウ競馬で馬主デビュー!

ヴィクトリアマイル回顧とか、TCK内田博幸弁当とか、たまってる記事はあるのですが、
今日はまたすごいニュース(私的に)がとびこんで来ました。

大魔神・佐々木主浩氏、道営馬主に(スポーツ報知)

いや~ホッカイドウ競馬、毎日話題が尽きませんね!
コスモバルクの国際GI制覇、驚異のデビュー戦・インパーフェクト、そして今日はまたそれを上回るデビューでゴールデンジュビリが衝撃を与えたというニュースも。

ちなみに、この大魔神については北海道版だともっと詳しく載っています。
それによると、道営競馬のPOG・サポーターズクラブにも追加登録するプランもあるとか。実現すれば、大魔神と一緒に口取り写真が撮れる?!
それなら佐々木はぜひユニフォーム姿で写ってください(笑)

6月5日に能検予定だそうですが、順調なら6月下旬の札幌に五十嵐騎手鞍上でデビューとのこと。サッカーボーイ産駒で母父マルゼンスキー、近親にはザマホーライ(ロジータ記念3着)、イブキシンプウザン(中津記念2着)がいるそうです。

こうなると気になるのは馬名。「ダイマジン」「フォーク」を中心に検討中らしいですが、
フォークは『落ちる』ものだけに縁起がよくない、という意見もあるそう。
ダイマジンが付く馬名は、過去に川崎・クラウンCを勝ったキタノダイマジン、また宇都宮でそのまんま"ダイマジン"という馬が居たそうです。
その辺を加味して、どう名づけるのか?これも楽しみです。
佐々木のフォークだから「キレアジバツグン」とかダメですかね。もう居たような気も。

佐々木は現役時代から競馬は好きだったと記憶しています。
舎弟(笑)の斎藤隆もヒシアケボノをガッツリ買ってたっていうエピソードがあったはず。
道営のイベントとか出てくれないかな?トークは好きな方だと思うので、
持馬が活躍したら色々ぶっちゃけ話などしてくれると面白いと思うのですが。

野球人としての佐々木について、選手としての晩年の高年俸や私生活に色々ご意見のある方も多いのは承知しています。また各種メディアに出すぎて野球という本質を忘れていた、また、「ベイスターズ=佐々木の球団」としか扱われなくなった、という批判もある意味もっともだと思います。
けれど私個人は、90年後半からの横浜がもっとも盛り上がった時代に、中心的ヒーローの役割を任され、それに全力で応えてきた功績が覆されるものではないと思っていますし、98年の日本一は佐々木がいなくては成し遂げられなかったことだと今でも思います。
色々あったけれど、やっぱり佐々木のやることを応援していきたいです。

道営競馬×元ベイ戦士のコラボ、今後もひじょーーーに楽しみです!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

素晴らしい一日!ヴィクトリアマイル&シンガポール国際航空カップ

この日、2頭の馬が、共にGIを制しました。

1頭は、一昨年の春、無敗のまま桜花賞を制したダンスインザムード。
もう1頭は、2歳時から中央にまでその高い能力を見せつけながら栄光に手が届かずにいた、道営所属のコスモバルク。

しかし2頭共にかかる癖を払拭しきれず、惨敗の続くときを経て鞍上も移り変わり、もうこれ以上の活躍は望めないかと思われていた時期をこえて・・・
ついに、やってくれました!
どちらも、最近ではずいぶんと気性も大人びて、迎えた今回は戴冠にふさわしい素晴らしいレースでした!

自厩舎のダンスインザムードの調教も担い、自身初のGI制覇となった北村宏司騎手、本当におめでとうございます!
8年間、きっと他の厩舎にはないような苦労も多かったのでは、と想像しますが、
それでもコツコツと力をつけて地道にやってきた姿勢が、この勝利に繋がったのだと思います。
そしてコスモバルクの五十嵐冬樹騎手、去年夏の道営競馬のイベントで、
「もう一度、バルクに乗りたい。あんなにポテンシャルの高い馬はいない」
と言っていたことが思い出されます。
ゴール前での大きなガッツポーズは、色々な思いの結晶だったのでしょう。
本当に、おめでとうございました!

なんだか最近このブログに「おめでとう!」ばっかり書いてますが(笑)
ヴィクトリアマイルについては、あらためて写真入り回顧をアップします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

石井琢朗2000本安打達成!

横浜ベイスターズ・石井琢朗が、5月11日、本拠地・横浜スタジアムの楽天戦で
史上34人目となる2000本安打達成!おめでとう!!

投手として勝利を挙げたことのある選手としては川上哲治以来2人目の快挙とか。
球界全体からは地味な存在かもしれないけど、盗塁王を獲ったこともあり、走攻守そろった本当に素晴らしい選手です。
98年の日本一も経験し、当時進藤と共に「鉄壁の3遊間」を固めたことも懐かしい。
年齢とともに昔の勢いはなくなってきたと思っていましたが、
小柄な体で連続イニング出場も続いているし、まだまだ頑張って欲しい。
本当におめでとうございました!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

羽田盃

今日の大井競馬は羽田盃。
東京地方はぐずついたり突如日が照ったりと、訳のわからないお天気ですが、この分なら稍重のままでしょう。

珍しく予想を書こうと思ったんですが、このレースわかりません(笑)
誰が勝ってもあんまり不思議はなさそう。
強いだろうと思っているのは外枠2頭、サワライチバンとサンキューウィンなので
ここから買うかなぁ。でも堅そう。
えっ!サンキューウィンってセン馬なの!?今知った・・・

ちなみに今日の大井は、矢野騎手が3鞍、山崎誠士騎手が1鞍騎乗があります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

あれから1年。矢野貴之騎手は大井で頑張ってます。

今日、5月9日は、元・高崎所属の矢野貴之騎手が、昨年大井に移籍して初めて騎乗した日です。

高崎競馬場では、20歳にして既に重賞勝ちもおさめていた矢野騎手。
しかし2004年末の高崎競馬廃止を受けて、昨年から大井・高橋三郎厩舎の所属となりました。

昨年は移籍初年度で乗り鞍もあまり恵まれませんでしたが、
最近では人気薄を持ってきて100万馬券をたたき出す他、
昨日も1番人気に応えて快勝、本来の姿に戻りつつあります。

今日も大井8Rでラモームリックに騎乗しますが、
高崎時代に乗っていた馬なので、勝ってくれたら最高の1周年記念になります。
がんばれ矢野騎手&ラモームリック!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トーホウアラン他、2週分のダンスインザダーク関係

ダーク産駒とは関係ありませんが、
マイルCはロジック-アポロノサトリのワイドを買ったら1-4着でした。

それでも先週は前の記事のようにトーホウアランが京都新聞杯を制しましたからね。
やはりこれは思い入れのあるレースです。
それでは、GWのダンスインザダーク産駒&ダンシングオン成績です。

▼主な産駒成績
4/29(土)
アドマイヤサンサン、京都4歳上500万下勝利!
オナーリーブ、京都3歳未勝利戦 勝利!
ユーロペ、新潟3歳未勝利戦 勝利!
アグネスハット、東京障害オープン勝利!

同レース、オープンエアー13着。
青葉賞、ホーマンアラシ13着。
石和特別、ウインプレジール16着、マイネルポロネーズ18着。
鏑矢特別、サクラプログレス12着。
東京4歳上1000万下、ラヴァーズナット4着。
東京4歳上500万下、アサクサコンソメ8着。

4/30(日)
天皇賞・春、ファストタテヤマ6着、マッキーマックス7着、
デルタブルース10着。
サザンツイスター、烏丸S勝利!トウカイラブ3着。
スズサンシャイン、新潟4歳上500万下勝利!

あやめ賞、コスモダンスナイト7着。
高尾特別、シンワインザダーク9着。
谷川岳S、ナイトフライヤー5着。

5/6(土)
トーホウアラン、京都新聞杯制覇!!
プロトプラスト、3歳未勝利戦 勝利!

プリンシパルS、タガノエスペランサ8着、
モエレフェンリル15着、マイネルスパークル17着。
祇園特別、カリプソパンチ2着、サンレイフレール4着。
府中S、カノン7着。
金峰山特別、ダンシングオン4着。
東京4歳上1000万下、ウインプレジール4着。

5/7(日)
陣馬特別、チョウサン6着。
矢車賞、ウインシンシア4着。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

祝!トーホウアラン、京都新聞杯制覇!

ダンスインザダーク産駒・トーホウアランが父も通った道、京都新聞杯を制しました!
おめでとう!

ダンスインザダークが勝ったときは秋の開催時期でしたね。
このレースはファストタテヤマも勝ってますし、やはり縁が深いのかも。
それと、ダーク産駒は、このGWの時期に強いような気がします。
インタータイヨウが兵庫CS勝ったりとか、ポップコーンジャズがスイートピーSで権利取ったりとか、アドマイヤコンドルが最後に勝ったのも3年前のGWでした。
まあ、たまたまなのでしょうけれど、そういうイメージが残っています。

このあとも頑張ってほしいですね♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

かきつばた記念・山崎誠士騎手 重賞制覇まつり

かきつばた記念を山崎誠士騎手中心の視点で追った回顧レポートをアップしました。

こちらです。

またあとで手を加えるかもしれませんが、もう一度、あらためておめでとうございます!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

おめでとう山崎誠士騎手!ロッキーアピールでかきつばた記念制覇!!

2006年5月3日(水)、名古屋競馬場で行われた交流重賞かきつばた記念(GIII)、川崎所属・山崎誠士騎手(21)が自厩舎のロッキーアピールで嬉しい重賞初勝利をあげました!!おめでとうございます!!

Kakitsubata1

2004年度NARグランプリ優秀新人騎手賞も受賞した山崎騎手、今年も高知・黒船賞で同じくロッキーアピールに騎乗し2着など、活躍の幅が広がりつつありました。
そして、初めて騎乗する名古屋競馬場で、重賞初制覇。
ゴールの後のガッツポーズは、会心の騎乗が故でしょう。
メイショウボーラーの出遅れはありましたが、終始気まぐれなロッキーアピールのペースを守り、プリサイスマシーン以下の追撃を振り切った手綱さばきは見事でした。

あまりに嬉しくて、私は現地のスタンドで号泣していましたが、いつかこんな日がくることを信じていました。今まで南関東のスタンドで応援し続けてきて本当によかった。
また、この日は私の誕生日でもありました。まさに最高のプレゼントをくれた山崎騎手とロッキーアピール、そして山崎厩舎のみなさん、本当にありがとう!


詳しい当日の模様などは、改めて写真入りレポートを掲載します。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »