« 次回予告と、コスモバルクを信じて待つ。 | トップページ | 地方競馬・ダービーWEEK開幕!佐賀の空の下より(追記あり) »

ヴィクトリアマイル回顧(&ダーク産駒成績)

20060514_1

2006年5月14日、新設GI・ヴィクトリアマイルが東京競馬場で開催された。
第1回、さらにGI馬5頭を含む当代の実力牝馬が集結とあって、当日の東京競馬場は5万9千人近い観衆を集めるにいたった。
私が到着したのは昼過ぎだったが、ひと昔前の競馬隆盛期ほどではないにせよ、
「第1回だもんね」「4歳 VS 5歳の対決がさぁ」
と、華やかなにぎわいを見せていたように思う。

レースのときが近づく。パドックは10レースの頃には人でいっぱいになった。
人垣の頭の間からのぞくと、ダンスインザムードが落ち着き払っているのが見えた。
3歳春に無敗で桜花賞を制して以来、すぐにヒートアップする性格が災いしてずっと勝ちから遠ざかっている。時折、GIで好走しても、それが続かず惨敗を繰り返すのも周知のこととなって久しい。それに、桜花賞を制したときの鞍上は、今回は別の強豪馬の手綱をとっていた。
私は、兄であるダンスインザダークを応援してきた人間だから、自然とダンスインザムードばかり目に入ったが、そういえばどの馬もいたって大人しく、落ち着いて周回してみえた。
1番人気・ラインクラフトがややいれこみ気味な他は、さすが古馬牝馬の一線級の舞台といえただろう。

20060514_2それまで静かに歩いていたダンスインザムードに変化があったのは、北村宏司騎手が騎乗したときだった。
背中の重みに反応するように、突然激しく首をふる。
一度いれこみ始めると止まる術をしらず、本場場入場までずっと暴れまくっていた。
今年に入ってからのダンスインザムードは、別馬のように落ち着きを身に付け、
牡馬相手の重賞でも好走してきたのじゃなかったか。
さっきまで落ち着いていたとはいえ、あれでは元の黙阿弥では・・・
一抹の不安がよぎった。

しかしゲートが開くと、そんな不安を払拭するように、1枠1番からキレイなスタートを見せた。
そのまま内枠を生かして好位につける。周りを囲まれながらもかかる様子はない。
そのまま4コーナーのカーブを過ぎると、少し前が塞がりかけた。
が、府中のマイルは、コーナーを回ってからが長い。
北村騎手の騎乗に迷いはなかった。直線途中、前を走るマイネサマンサがわずかに外に動くと、
空いたスペースにダンスインザムードの鼻面を突っ込み、一気にGOサインを出した。
ゴールまでの距離は、200mを切っていた。
しかし、1頭で先頭に踊り出ると気を抜くダンスインザムードにとってはそれがちょうどよい距離だった。
大外、かつての鞍上が手綱をとるエアメサイアが強襲するも、
鮮やかに塗られたゴール板前を最初に通り過ぎたのは、漆黒の馬体と小さくガッツポーズした北村騎手だった。

20060514_3それまでのGI挑戦で得た経験と、失敗を繰り返さない好判断。
調教のときからまたがり続けている北村騎手は、愛馬のすべてのクセをふまえて、最善の道を選ぶことに専念した。
馬に力がなくても騎手の判断が逸れても成し得ない、パートナーを認め合った勝利だったように思う。

勝利ジョッキーインタビューで
「これで少しは先生(藤沢師)に恩返しできたかな」
と語る北村騎手にとって、GIは初勝利。所属厩舎の馬で勝てたことに喜びをのぞかせた。
新人賞を獲ったこともある8年目ジョッキーがようやく大きな勲章を手に入れた。

口取りの写真撮影時も、ダンスインザムードは興奮おさまらないのか、
しきりに首を振って北村騎手を戸惑わせていた。
こんな気難しい馬をよく・・・と、改めてこの勝利を評価したく思った。
また、一度メンタル面で落ちてしまった馬を立て直すのは、
よほど陣営が忍耐強く、細やかにケアした結果だろう。
元々馬の精神面を重視する藤沢和雄師ならではの復活劇だったことも、併せて拍手を送りたい。

▼当該週の主なダンスインザダーク産駒成績
スマイリングルーラ、京都3歳500万下勝利!
京都ジャンプS、マルブツトップ6着。
是政特別、オースミダンスイン5着。
新潟4歳上500万下、キタサンメッセージ14着。

5/14
下鴨S、トウカイラブ3着、フェイトトリックス11着、アドマイヤコンドル12着。
八ヶ岳特別、トウショウパワーズ5着。
赤倉特別、リンドーロ13着、ヘキレキ15着。
京都障害未勝利、インタータイヨウ2着。
京都4歳上1000万下、ミツワスカイハイ3着、メイショウアカシ8着。
京都4歳上1000万下、キタサンラブソング16着。
新潟4歳上500万下、ゼンノホワイト9着。

|

« 次回予告と、コスモバルクを信じて待つ。 | トップページ | 地方競馬・ダービーWEEK開幕!佐賀の空の下より(追記あり) »

「競馬」カテゴリの記事

コメント

ハロンが無くなってから(というよりNARからJRAにタイマン張りに行く馬が減ってから)競馬どうでも良くなった今日この頃。
そういやGIも増えてありがたみも減る一方。
そのくせ芝絶対主義とダート、障害への偏見は相変わらずだし
と言うわけで予想(というか放言)
「近いうちにJRAもGIの上にSG導入」
ていうかこの辺りと有馬記念が同じグレードとか言われてもフンッて鼻で笑う感じ・・・ウィンズ横浜A館の掃除ともども考えて頂きたい所ですね。

投稿: kosaka | 2006年5月29日 (月) 22時12分

GIの増加は確かにありがたみがなくなりますね。
今回のヴィクトリアマイルは、それでもいいメンバーが集まって盛り上がったと思います。
短距離やダート路線の整備、古馬牝馬の活路は重要なことではあるのでしょうが、それを全部「GIの新設」で片付けようとしているのが無理なんだと思います。
地方からの参戦ではコスモバルクを筆頭に、最近ではネイティヴハートやモエレジーニアスが重賞勝ったりしてて、がんばっていると思いますよ。今年も道営に有望そうなのがいますし。

中央に飽き飽きしたら、地方競馬ONLYで楽しむのも良いですよ~。来週は「ダービーWEEK」(http://www.keiba.go.jp/derbyweek/index.html)も始まって、いよいよ祭典ですからね!

投稿: 湊 | 2006年5月30日 (火) 15時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74901/1933643

この記事へのトラックバック一覧です: ヴィクトリアマイル回顧(&ダーク産駒成績):

« 次回予告と、コスモバルクを信じて待つ。 | トップページ | 地方競馬・ダービーWEEK開幕!佐賀の空の下より(追記あり) »