« 美浦トレセン調教見学ツアー(2):美浦トレセン見学 | トップページ | 宝塚記念直前イベント・プラザエクウス »

美浦トレセン調教見学ツアー(3・完結):美浦&競馬学校見学

書き始めると長いシリーズ完結編です。
調教・厩舎見学のあとは、トレセン内の乗馬センターで装蹄実演の見学と乗馬体験。
細江さんが唐突に乗りたくなったらしく、普段着のまま楽しそうに乗ってました。
現役時にくらべると、「馬を動かせなくなった」そうですが。
ここまで終わって、やっとこの日のお昼になります。

060524_10 昼食の中華弁当を食べると、美浦グッズをお土産に買ったり、ターフプラザで遊んだり。
ターフプラザは一般公開している、いわばトレセンの「観光用エリア」。
記念撮影コーナーには、増沢由貴子騎手と後藤騎手の等身大パネルがありました。
他にも「田中勝春騎手の一日」という題で、騎手の生活を紹介するコーナーや、装蹄師さんの紹介、施設模型、GI馬コーナーや新人騎手コーナーなどがありました。

さて、次はいよいよツアー最終地、JRA競馬学校です。
移動のバス内でも美浦トレセンや競馬学校紹介ビデオが放映されたため、車内で眠るのがもったいなくて私はフル稼働していました(笑)
060524_9 JRA競馬学校は一昨年にも一度訪れていますが、今回はなんと、騎手候補生が暮らす寮や訓練馬の厩舎施設まで見学させていただきました。
厩舎の訓練馬の中には、マイターンなどお馴染みの名前もちらほら。当番の候補生の名前の中に、高崎・丸山侯元騎手の息子さんの丸山元気くんの名前をみつけ、がんばってほしいなぁと思いました。
寮は食堂や訓練室などを見せていただきました。
食堂には低カロリーでヘルシーな食べ物の紹介や、ムリな減量に対する警告のポスターが目立ちました。廊下に貼ってある体重グラフが、減量の苦労をしのばせます。
歴代ダービー馬のパネルが並ぶ廊下をぬけて、訓練室に行くと木馬…というか訓練用マシーンが。私は以前木馬にモンキー乗りして1分間追い続け、みごと足がつった経験があるので、今回またがるのは遠慮しておきました。
しかし電動で揺れ動くようになっているのはさすが。周りはぐるっと鏡で、これでフォームのチェックをするんですね。
騎手候補生とはいっても、一日のうち実際に馬に乗っていられる時間はごくわずか(走らせすぎると馬が疲れてしまうので)。
こういう地道なところでの努力がやがて実を結ぶのでしょう。がんばれ候補生!

060524_11 最後は一般公開用(?)のメモリアルコーナー見学でシメ。
ここを巣立っていった騎手たちの、在学時代の工芸や美術の作品、文集を展示してあります。また、在学中の思い出の写真なども。男子はみんな丸坊主なわけですが、面影を探すのも一興です。
細江さんの文集があったので、読んだ人たちはニヤニヤ。細江さん慌ててました(笑)
意外とこのコーナーが面白かったです。美術作品はほとんどが馬を題材にしたもの。おそらく競走馬のポスターを作るという課題があるのでしょう。武幸四郎騎手の作ったスキーキャプテンのポスター、的場勇人騎手のグラスワンダーのポスターなど、ちょっとほほえましく感じました。

2日間という時間以上に長かったこのツアーも、夕方に東京駅に着いて解散。
ずっと同行してくださった原良馬さん、細江純子さん、ありがとうございました。
泊まったホテルも温泉つきで、何から何まで充実し尽したツアーでした。
お土産やプレゼント抽選会も多く、またいつか機会があればこういう企画に参加したいなぁと、心から思えた2日間でした。

※ちなみにこのあと、私は東京駅から大井競馬に直行、雷鳴轟く東京プリンセス賞を観戦しました。

|

« 美浦トレセン調教見学ツアー(2):美浦トレセン見学 | トップページ | 宝塚記念直前イベント・プラザエクウス »

「競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74901/2357601

この記事へのトラックバック一覧です: 美浦トレセン調教見学ツアー(3・完結):美浦&競馬学校見学:

» 競馬予想 [競馬予想]
トラバ失礼しますm(_ _)m 競馬予想・競馬場の情報などを紹介しています! [続きを読む]

受信: 2006年7月 4日 (火) 11時22分

« 美浦トレセン調教見学ツアー(2):美浦トレセン見学 | トップページ | 宝塚記念直前イベント・プラザエクウス »