« 新宿にばん馬がやってきた!「雪に願うこと」イベント観覧記&映画感想 | トップページ | ちょっとブレイク・次回予告 »

群馬馬事公苑・馬術競技会にて、タマルファイター元気でいます!&大井・ばんえいイベント

060521_1060521_2_1
遅出しレポート第6弾・5月21日群馬馬事公苑での馬術競技会です。
かつて競馬場を沸かせた馬たちが、乗用馬として今も元気に過ごしています。
今回観にいったのは、タマルファイター(吾妻小富士OP、ダリア賞など)、イブキクラッシュ(群馬記念4着、朱鷺大賞典、新潟記念)、ロバリーハート(群馬記念、東北サラブレッド大賞典優勝など)。
060521_3 060521_4
乗用馬は運動するからそれほど太らないけど、それでも現役時と比べて丸くなるそうですが、この3頭は体つきも若々しいままでした。障害を飛越する姿も、躍動感にあふれていました。とはいえ、私はタマルファイター以外は生で見るのは初めてなのですが。
(写真:上からタマル×2、ロバリー、イブキ)

あと、知らなかったのですが、こういう競技会って同じ馬が何度も出てくるものなんですね。騎乗者や競技内容を変えて、3~4回は出てたようです。配布されたパンフレットに出場馬一覧や出てくる順番も全部載っているので、見る方としては間違わないですみます。

それにしても、競技会は思っていたよりずっと面白い!
自分はすこーしだけ乗馬をかじってるので(6・7年前から年に1~2回乗る程度^^;)、ついつい血が騒ぎました。でも障害飛越の前に、もっと馬の制御できないとなぁ。
あと、写真を撮る方にもいい機会ですよ。飛越の瞬間の、馬と人が一番一体化して躍動感に満ちるときを収められると達成感があります!難しいんですけどね。

060521_5 さて夜は大井競馬場に移動して、「雪に願うこと」などばんえい競馬のイベントを見てきました。
例によって役者さんたちが出るトークショーは撮影禁止だったのですが、通りいっぺんのトークではなく、乗馬クラブや厩舎に住み込んで(?)の役作りなどのお話が聞けました。特製「雪に願うこと」馬車に乗ってのスタークルージングもやってくれて、馬車の上から『映画見てくださいね~』とアピール。さわやかでよかったですよ!

060521_6 また、現役騎手&現役馬によるデモンストレーションも行われました。トップジョッキー鈴木勝提騎手とルーキー山崎大輝騎手が、カネサタイセツとリッキーで大井コースを激走(笑)。速い速い。斤量を積んでないのと障害のない平坦コースなので、普段のばんえいに慣れてると早すぎてついていけません。またたくまに目の前をゴーっと過ぎ去っていきました。こうしてみると、いつもはどれだけ重い荷物曳いてるかわかりますね。

ちなみに、夕方までに行けば内馬場でばん馬たちに触らせてもらったり乗せてもらえたりしたそうです。ここでもやっぱり大人しかったそうですよ~。
あとは、鈴木勝騎手・山崎大騎手のトークショー、プレゼント抽選会なんかもありました。
それから忘れちゃいけないのが、最終レースの「雪に願うこと特別」!
1枠1番白帽に『ユキノムテキ』が入ったものだから、単勝が妙に売れたとかどうとか(笑)
が、勝ったのは2番人気のキョウエイフリューでした。
まあ、そううまくはいかないか(笑)。

移動は大変だったけど、なかなかに充実した一日でした。

|

« 新宿にばん馬がやってきた!「雪に願うこと」イベント観覧記&映画感想 | トップページ | ちょっとブレイク・次回予告 »

「ばんえい競馬」カテゴリの記事

「競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74901/2215011

この記事へのトラックバック一覧です: 群馬馬事公苑・馬術競技会にて、タマルファイター元気でいます!&大井・ばんえいイベント:

« 新宿にばん馬がやってきた!「雪に願うこと」イベント観覧記&映画感想 | トップページ | ちょっとブレイク・次回予告 »