« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

早実、悲願の初優勝!!

旭川旅行については後ほど書くとして、とにかく今日はこの話題で。

夏の甲子園、決勝戦が延長15回でも決着つかず、引き分け再試合に持ち込まれるという熱い戦いの中、栄冠を勝ち取ったのは西東京代表・早稲田実業でした。

さんざん言われているけど、もう両校優勝でよかったと思えるくらい、駒大苫小牧も素晴らしい試合ぶりでした。
「野球は筋書きのないドラマ」と言われます。
ミラクル逆転劇を演じてきた今大会、9回のツーランで追いつき、3連覇の可能性をつないだ場面は本当にドラマを見ているようでした。
そして最後のバッターは、エース・田中選手。
ストレートVS空振りで終わったときの穏やかな笑顔からは、
コメント通りの
「悔いはありません」
という気持ちが見て取れました。胸を張って北海道に帰ってほしいです。

早実・斎藤選手は、絶対中身は熱い人に違いないのに(じゃなきゃここまで一人で投げ抜けない)、それを表に出さずに淡々とここまできました。
お母さんから貰ったハンカチで汗を拭うのが、自らを落ち着かせる手段でもあり、
トレードマークとしても親しまれましたね。
お兄さんと二人で暮らしているなんて逸話も、またよかった。
肉体・精神のタフさと、投球の組み立てが抜けて上手い。そんな印象が強いピッチャーです。もちろんそれは捕手との信頼関係もあるからでしょうね。

捕手といえば、早実・白川選手、駒苫・小林選手ともに忘れてはいけないですね。
両チームとも投手は変化球を投げるし球速も出る。リードも一辺倒では持たないし、
一旦打たれたときにズルズル行く恐れもある。それがこの2チームにはなく、最後までしっかりした投げ合いが出来た土台でもあるのでしょう。
斎藤・田中両投手はもちろん、野手陣も炎天下で崩れることなく、
2試合とも最後まで緊張感の切れない試合で、見ていて後味の良さに繋がりました。

同じく再試合となった37年前の三沢VS松山商とよく比較されましたが、
当時の太田投手や井上投手に聞くと、
「延長に入って疲れも出ている中で長く投げていると、『相手投手も同じなんだろうな』と
不思議な一体感が沸いた」
というのです。
今回も、試合後のコメントで田中選手、斎藤選手お互いに相手を評価し尊重している姿勢もまた、高校野球らしい清清しさを感じました。

次は、日米親善試合でチームメイトとして顔を合わせる二人。
甲子園で戦ってきたライバルたちも多数参加します。
今はお疲れ様、と言いたいけれど、もう少し彼らの夏を応援したい気持ちでいっぱいです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

森下博騎手、地方競馬通算2500勝達成!@大井

060813ooi_2 8/13の大井競馬8レースでムーンプライド騎乗の森下博騎手(川崎)が通算2500勝を挙げられました。おめでとうございます!

この日は、7レースを勝ってリーチをかけた直後の達成、しかも11番人気を持ってきての大波乱を演出。2着に12番人気のウェディングヒメ(的場文騎手)が入り、三連単は実に110万円!!ベテランの味を見せてくれました。
表彰式のあとは、ウィナーズサークルで長い時間、終始にこやかに丁寧にファンにサインをなさってました(写真)。


この日はばんえい・岩見沢でばんえいグランプリも行われ、大井ふるさとコーナーでは熱い声援が飛び交っていました。
特に、ゴール寸前で2番手タケタカラニシキが止まったときの叱咤激励、阿鼻叫喚はものすごく^^;

ゴール寸前といえば、この日の大井5レースでは、水野貴史騎手がゴール手前数メートルで落馬。後続に巻き込まれたように見えて心配しましたが、今日の出馬表にも普通に出ているので大丈夫かな…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

追悼 佐藤隆騎手

8月9日は大分に居ました。
旅先で接した訃報。
船橋の佐藤隆騎手が亡くなられました。49歳でした。

落馬事故から4ヶ月、きっと戻ってくると、何の根拠もなく信じていました。
本日の関東地方は快晴。船橋はきっとジリジリと焼けつくような暑さのなか、今日もレースが行われています。

事故のあとに船橋に新設されたギャラリーには、所属騎手たちのコメントパネルが掲示されています。佐藤隆騎手の部分には
「今も回復に向けて頑張っておられます」
という意味の文が表示されていました。
もうそこに、彼のメッセージが寄せられることはありません。

今年のマイルグランプリ、コアレスタイム2着にびっくりしたのは、もう4ヶ月も前。
落馬事故はその少しあとのことでした。
上記のコアレスもそうだったけど、
「うわ、買ってないのに来ちゃったよ。やっぱり上手いなぁ」
何度もそんな思いをさせてくれました。

今はただ、ご冥福をお祈り申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

夏のチョコを書かねば

先日、昔からの知人数名から
「最近、チョコ関係の更新少ないね」
というお言葉を頂戴してしまいまして、まことに申し訳ない。

北神戸あじさい球場やダービーWEEK(いつの話だよ!)もまだレポートしていない次第で、なかなかチョコに手が回らないのですが、いくつか夏チョコについて。

・キットカット アイスティック
セブンイレブンではアイスなどの冷凍コーナーにありました。
凍らせて食べるキットカット、板チョコほどの箱に2本入りです。長いです。
チョコの中はおなじみウエファースと、冷やしてもなめらかなジャムっぽいチョコクリーム。
冷やしたことで後味が締まりました。夏らしくてオススメです。

・チロルチョコ 杏仁豆腐(麻雀牌仕様)
チロルから杏仁豆腐風味が出ました。あの外見を生かして、一つ一つが牌のようなパッケージで包まれています。「中」、「東」、「一萬」など。かわいらしさは損なわず、箱内に並べられている姿はまさしく麻雀牌。こういう遊び心は大好きです。
チョコの内部にはジャムかな?風味も杏仁豆腐らしさがよく出ています。

画像はいずれ、「チョコレート博物館」にて。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »