« 【追記アリ】競馬ニュースあれこれ | トップページ | 東京・銀座でばんえいイベント! »

ばんえい新人騎手奮闘!&今日の競馬あれこれ

ばんえい競馬では新人騎手が2人、今月からレースで手綱をとっています。
存廃問題でゆれていた中での受験を経て、新しい力が今日も1トンの馬を操ります。

1人は西謙一騎手(20)。ばんえいの2000勝ジョッキー西弘美騎手の息子さんです。ばんえい競馬初の「現役親子ジョッキー」として注目されています。
既に直接対決もあり、息子の謙一騎手が先着したとか(→こちら)。
「夢をかなえる舞台が残ってくれたことに心から感謝したい」
という謙一騎手、これからのばんえいを担う若さに期待大です。

もう1人は、船山蔵人騎手(23)。お名前は「クランド」と読むそうです。奇しくも西謙一騎手と船山騎手、2人とも3月4日が誕生日。なにかと縁のある2人なのかも。
さて、本日2007年1月13日、船山騎手が7レースで見事、初勝利を挙げました。おめでとうございます!4番人気コトノカツマを駆っての記念すべき1勝でした。
すごいのは、その日のうちに「Gyao」の生番組「BANBA王」にそのまま出演しちゃうこと。
番組内でも言われていましたが、なんと身長183cmの船山騎手、おそらくは世界一大きな騎手なのでは?その体から繰り出す手綱さばき、生で観戦するのが楽しみです。
3月4日に「新人騎手Wバースデー記念」なんて協賛レースあったら面白そう。

今日は中央競馬も(個人的には)上々の結果でした。
なにがって、ダンスインザダーク産駒たちが活躍めざましかったからです。
まずは牛若丸ジャンプS、フミノトキメキとマルブツトップの産駒ワンツーがありました。
05年小倉ジャンプS覇者ながら人気を落としていたフミノトキメキ、地力はやはり凄かった!早め先頭に立つと、最後は大きく引き離しての大差レコード勝ち!
むしろ人気は4着のノボリハウツー(こちらもDD産駒)でしたが、トキメキが一昨年の強さを取り戻しつつあるようです。
このレースで落馬した内田浩一騎手の容態が気遣われましたが、こちらの記事では意識はあり命に別条はないということで、少し安心しました。

DD産駒の勝利、続いては花見小路特別のトウショウパワーズ。直線で前が開かない、かなり絶体絶命な状況から、間をついて抜けてきての勝利!あそこで怯まないのが良かったですね。

そして最後に、ダンスインザモアがニューイヤーS勝利!05年スプリングS以来の勝利となりました。後方からの競馬になりましたが、直線ではさすが重賞馬をいうところを見せてくれました。

明日も競馬が楽しくありますように。

|

« 【追記アリ】競馬ニュースあれこれ | トップページ | 東京・銀座でばんえいイベント! »

「ばんえい競馬」カテゴリの記事

「競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74901/4916955

この記事へのトラックバック一覧です: ばんえい新人騎手奮闘!&今日の競馬あれこれ:

« 【追記アリ】競馬ニュースあれこれ | トップページ | 東京・銀座でばんえいイベント! »