« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

アンミツおめでとう。リッキー市職員に。高知で3連複発売の3本です。

Basya_kitami 写真は、北見競馬場でのリッキー馬車です。
このたび、このリッキーが帯広市嘱託職員になることが決まったそうで。

◆こちらの記事

「初の試み」…そりゃそうでしょうね。
東京や各地にもばんえい競馬を広めるために脚を運んでくれたことのあるリッキー、ばんえい競馬や馬文化を地元により根付かせるために頑張ってくれることでしょう。

お話変わって、高知競馬では3月10日から3連複が発売されます。3連単は前から導入されていたので、これで発売馬券の種類は単勝、馬連複、馬連単、ワイド、3連単の5種類になるそうです。
前から疑問だったのですが、複勝はなんで発売されないのかなぁ?高知の予想をしているときにうっかり「よし、○番の複勝にドーンと」と思って、ハッと気がつくんですよね。単に私が複勝好きなだけですが。


Ksmt2001_06 さて、中央競馬ではJRA騎手合格者&調教師合格者が発表されました。
アンカツこと安藤勝己騎手の兄の、アンミツこと安藤光彰騎手(笠松)がJRA騎手免許合格されました。おめでとうございます。と同時に、笠松でその姿を見られなくなるのは寂しいのですが…。
写真は、私が初めて笠松に行った6年前のもの。当時笠松にいたアンカツと色違いでおそろいの勝負服がヤケに気に入ったことを覚えています。そして笠松競馬では、アンミツを送る会「JRA騎手免許合格おめでとう」セレモニーが25日に催されます。
「JRA騎手免許合格おめでとう」セレモニー(笠松競馬公式サイト)
複雑な思いもありますが、関東所属になるらしいということで、またベテランの手綱さばきを見に競馬場に足を運びたいと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

ばんえい:帯広名物いろいろと

今日は中央競馬のすばるSでダンスインザダーク産駒・モンテタイウンが凄い配当を出しちゃいました。三連単が4,904,630円。単勝ももう少しで万馬券。買ってないですけど(笑)

ネットでばんえいの中継を見てたのですが、雪降ってて寒そうだなぁと思うと同時に、こういう中での観戦も経験してみたいなぁとも思ったり。寒いのは極端に苦手なんですけどね。去年のばんえい記念のときは、積もった雪が周りにありましたけど小雨が降ってたくらいだから暖かいほうだったんじゃないかな。

そういえば、帯広空港に「ばん馬の像」がお目見えしたそうです。
実物大ばん馬模型 帯広空港に登場(北海道新聞)

報道ステーションで出ていた像が使われているそうです。空港や駅、港はその町の玄関ですから、象徴するような像が置いてあると「はるばる来たな~」という感慨が増すような気がしますね。ばんえい記念の頃になっても置いてあったら記念撮影してこようかな。


あと、ばんえい競馬場内の飲食コーナーってことで、「ザンギ」について取り上げられてました。
観光客にザンギ大人気

私なんかは今でもザンギっていうと某格闘ゲームのロシアキャラを思い出してしまうのですが。
それはともかく、北海道内の競馬場ではたいてい売っているので行くと食べてます。最初に行ったときは聞いたことのない食べ物だったから
「から揚げに見えるけど…違ったらどうしよう。かぶりついてみて甘かったりしたら」
と、余計な心配をしたものです。たぶんサーターアンダギーみたいなイメージがあったのかと。
今年から産地にこだわった地鶏が使われるようになったそうで、これは食べてみたい。競馬場でから揚げって定番というか、妙にマッチするんですよね。帯広競馬場の楽しみがどんどん広がっているようで、行く日が待ち遠しくてなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »