« ばんえい最大のレース・ばんえい記念!@ブログ1周年 | トップページ | そして2年。矢野貴之騎手は大井で頑張ってます。 »

あれから1年…かきつばた記念(名古屋)

すっかり更新をサボってしまいました。
この間にもあちこちで競馬写真を撮ってきてるので、そのうち載せたいです。
新生ばんえいもスタートし、東京競馬場はリニューアルOPEN、毎日毎週楽しみがありすぎて嬉しい悲鳴です。

今日は船橋のかしわ記念に行ってきました。
ブルーコンコルドは強かったです。それと同時に、幸騎手が本当にこの馬については自信を持ちまくりで乗れているのが伝わりました。慌てずに内をついたのも好判断。
2着アジュディミツオーは、+16キロで普段の連対体重よりもずいぶん重めだったのですが、やはり地力はあるのだなぁという印象。2番人気サンライズバッカスはゲート側でアンカツを一度落とすなどイレ込み気味だったかも。

さて!明日はGWの交流重賞三連戦の第二弾、かきつばた記念が名古屋競馬場で行われます。
昨年のこのレース、制したのは川崎から遠征のロッキーアピールと山崎誠士騎手でした。1年前の当ブログでも優勝記念特集を組んでいます(→こちらこちら)。

ロッキーアピールは今年で9歳。旧年齢表記で10歳ながら前走の黒船賞でも4着と、今も重賞戦線でバリバリ活躍しています。根っから気分屋らしく、揉まれずに気分よく走れれば十分勝機はあります。
山崎誠士騎手はロッキーとは対照的に22歳の若武者。昨年のこのレースが重賞初勝利ながら、既に地元川崎では存在感ある騎手になっています。
特に昨年秋にはオーストラリア遠征を果たし、現地のレースにも多々参戦したほか、あのメルボルンC馬・デルタブルースの調教にも跨ったと聞きます。その成果か今年はなかなか調子が良さそうで、個人的に昨年同様の期待を寄せています。

その他に注目しているのは、地元・名古屋のムーンバレイとキングスゾーン。
東海では無敵の連勝を続けていた良血ムーンバレイ。相手関係が強くなったここ最近はどうだろうというところもありましたが、前走・名古屋大賞典で交流重賞でもくい込めるるところを見せました。鞍上・吉田稔騎手は昨年もテン乗りのコアレスタイムを3着に持ってきたのが印象深く、やっぱり侮ると痛い目見そう。

キングスゾーンは浦和記念で山本茜騎手が連対を果たしたのがやはり強烈な印象で、その後も交流重賞で馬券に絡んでいることからも怖い一頭だと思っています。

それにしても怖い馬が多くて、なかなか絞りきれません。
馬券外で注目したいのは、名古屋が誇る美白姫・レイナワルツと中央のきまぐれ漂白馬・クーリンガーの白さ対決でしょうか。

個人的なことでいえば、5月3日は私の誕生日でもあるので、いいレースを見て馬券も当たれば幸せだなぁと思います。

|

« ばんえい最大のレース・ばんえい記念!@ブログ1周年 | トップページ | そして2年。矢野貴之騎手は大井で頑張ってます。 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74901/6285886

この記事へのトラックバック一覧です: あれから1年…かきつばた記念(名古屋):

» 北海道で馬と触れあいが出来るノーザンホースパーク 子供連れで遊べます [北海道、札幌からの旅情報]
馬と触れ合えるノーザンホースパークノーザンホースパークとは、北海道苫小牧市美沢にある社台グループの体験型公園です。「人と馬と自然」をキャッチフレーズにしているように、乗馬、馬車、軽スポーツなどの体験プログラムのほか、家族で楽しめる各種イベント、レストランなどが用意されています。「ノーザンホースパーク」は、 ... [続きを読む]

受信: 2007年5月 4日 (金) 12時01分

« ばんえい最大のレース・ばんえい記念!@ブログ1周年 | トップページ | そして2年。矢野貴之騎手は大井で頑張ってます。 »