« 記憶に残る川崎の名馬・ロッキーアピール引退 | トップページ | 北斗賞&ばん馬が川崎競馬場にやってくる »

おつかれさま。ロッキーアピール引退レースin浦和

昨日も書きましたが、川崎・山崎尋美厩舎のロッキーアピールが18日の浦和・プラチナCを最後に引退しました。
ロッキーについては思い出がいっぱいありすぎて書ききれないので、改めてまとめページを作るとして、今回は引退の日のことを少しだけ。

070718ra1
パドックで山崎誠士騎手を背に、向こうには山崎尋美調教師の姿。

070718ra2_1
返し馬。浦和コースを走るロッキーも見納めです。ゲート入りの際は、実況でもロッキーの引退レースであることが告げられました。

そのプラチナC、いいレースでした。外枠から一気に出て先手を取り、気持ち良さそうに走っているのを見て、あとは無事にゴールしてくれればいいと思っていたのですが直線で尚も粘る粘る。
勝っちゃうのではないか。コース沿いにかぶりついて見ていた人たちが一斉に
「ロッキー!!ロッキー!!」
と叫びましたが、ゴール前1・2番人気にかわされ、惜しくも3着。
でも、現役最後の総決算として、彼らしい走りを見せてくれました。さすがに今日は無理はしないのかなと思っていた想像を裏切って、3着入線は嬉しい誤算でした。

戻ってくるロッキーと山崎騎手が無事なのを確認すると、ヘナヘナと力が抜けました。
人気がなくても好走したり、期待を背負うとあれ?というレースをしたり、気持ちよく前に行かせると想像の遙か上をいく強さだったりと、ロッキーアピールには全国どこへ行っても振り回されっぱなしでしたが、それが魅力的でついつい応援してしまう馬でした。

このあとは放牧ののち、神奈川県内の乗馬クラブで過ごすそうです。
とにかく今はお疲れさま。ゆっくり休んでくださいね。
070718ra3_1 

|

« 記憶に残る川崎の名馬・ロッキーアピール引退 | トップページ | 北斗賞&ばん馬が川崎競馬場にやってくる »

「競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74901/7208238

この記事へのトラックバック一覧です: おつかれさま。ロッキーアピール引退レースin浦和:

« 記憶に残る川崎の名馬・ロッキーアピール引退 | トップページ | 北斗賞&ばん馬が川崎競馬場にやってくる »