« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

どさんこプラザ・ばんえい関連商品プロモーション

11/28(水)は、こちらで予告した通り、大井競馬のあと有楽町の「どさんこプラザ」へ行ってきました。

北海道のアンテナショップ「どさんこプラザ」はJR有楽町駅を出てすぐ。
ちょうどロイズ、六花亭などのスイーツフェアをやっていて、仕事帰りの人でごったがえしていました。

ばんえい関連の新商品、「わやうまくん」と「とかちばん馬」チーズ、「ばん馬おやき」を買ってきました。いただいたパンフを見るとチョコの焼き菓子もあったようなのですが、ちょうど行ったときは売り切れだったようで残念。

以下、それぞれご紹介。写真はクリックで大きくなります。

071128_2
・「とかちばん馬」:カマンベールタイプのチーズ。こちらの記事でご紹介したチーズケーキの「十勝野フロマージュ」と同じ製造元。まん丸ではなく馬蹄型してます。

・「わやうまくん」:十勝大豆で作った豆腐を燻製にしたもの。スモークチーズの豆腐版。

・ここには写ってませんが「ばん馬おやき」:今川焼(回転焼)。表面に ばん馬の顔が浮き彫りになっています。十勝小豆使用のあんこが美味しくないわけがない。北海道にいくたび、なんでこんなにあんこの味が違うのかとびっくりします。同じ十勝産を名乗る小豆使ってても、本州のはなぜか味が違う。冷凍なので持ちかえって好きなときに食べられます。

071028_3

また、十勝石(黒曜石)をあしらった馬モチーフのアクセサリーについて、簡単なアンケート(見た目の印象、値段についてなど)に答えると、ばんえい缶ウーロン茶をいただけました(写真)。
黒曜石を十勝石と呼ぶのは今回初めて知りました。もっとも、そう呼ぶのは道内だけらしいですが、札幌の友達もその呼び方は知らないと言ってたのでよくわかりません^^;
アクセサリーは、ブレスレットとシルバーのネックレス、キーホルダーの3種類。ネックレスはなかなか上品なデザインで、フォーマルっぽいときにも使えそうです。馬券が当たったときに買ってみてもいいなと思いました。
こちらのイベントは本日10:00~14:00までです。お時間のある方はのぞいてみてください。
どさんこプラザ(有楽町)は→こちら

Umabunka「とかち馬文化を支える会」公式サイトは→こちら
随時会員募集中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大井ハイセイコー記念の日

11/28(水)は、こちらで予告した通り、大井競馬のあと有楽町の「どさんこプラザ」へ行ってきました。
まずはこの日の大井の記事から。

■ハイセイコー記念
071128_1
勝ったのは酒井忍騎手&鎌倉記念馬ヴァイタルシーズ。圧勝といっていいでしょう。
ここのところ乗っていた左海誠二騎手は、今日はコラボスフィーダで2着でした。
コラボスフィーダはパドックでモッタリして見えたんですが、そうでもなかったようです。

■最終レース、ノースウインド賞は大荒れ
長い審議の末、一番人気のソリッドマーカー&坂井英光騎手が、一位入線後、まさかの降着。
大外から猛然と追い込みわずかに届かず二位入線の、ミスタートウジン産駒・カタロニア(12番人気)が繰り上がって勝利となりました。
鞍上はこのブログでおなじみ、矢野貴之騎手です。
何度かご紹介しているように、追い込みに定評のある矢野騎手がその持ち味を十二分に発揮した末の結果だったと思います。人気薄馬をあそこまで持ってきたからこその1着。そしてこの勝利で通算100勝まで残り2としました。

また、今週の矢野貴之騎手は、TCK競馬中継にもフジノウェーブ陣営としてスタジオ生出演しています。一緒に出演していた高橋三郎調教師から騎乗についてのアドバイスも受けました(いつも言われてるそうなんですが)。
フジノウェーブのJBC勝利のときは調整ルームでパジャマ姿だったため、あわてて着替えたという矢野騎手。
「フジノウェーブのような馬に乗せてもらえるように頑張ります」
とのお言葉で締めくくられていました。今後も活躍を期待しています!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ばんえい関連商品プロモーションin東京!帯広にうまいものあり

帯広の美味しいものをお送りするシリーズが途切れちゃってます。
帯広のスイーツ再び!(その1)」以来となりますが、紹介したいものがいっぱいありすぎて追いつかない状態です。次は予告通りばんえい競馬関連お菓子を、と思っていたら、ちょうど明日からこんなイベントがあります。

■ばん馬関連新商品のプロモーション!
in 北海道どさんこプラザ 有楽町

 11/28 14:00~19:30
 11/29 10:00~19:30
 11/30 10:00~14:00
新商品(食品)の試食とモニタリング、食品以外(アクセサリー)のモニタリングとプレゼント抽選だそうです。
詳しくは「とかち馬文化を支える会」さんのブログをご覧ください。

明日から3日間、東京でも色々楽しめそうです。スイーツ以外もあるみたいなので行ってみてまたレポしようと思います。
どさんこプラザ・有楽町は→こちら (公式サイト
・JR有楽町駅徒歩1分、地下鉄有楽町線有楽町駅3分/東京交通会館1階


また、25日には、支える会さんによるばんえい騎手・調教師の皆さんとの交流会が開かれました。ブログに会の様子がアップされていますが、行きたかったな~…。

Umabunka「とかち馬文化を支える会」公式サイトは→こちら
随時会員募集中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【追記】JCD、JC、そして北見記念 +高知・水沢

昨日のJCダート、ヴァーミリアンは本当に強くなりましたねぇ…。しみじみ。
エルコンドルパサー好きだった身としては応援にも力が入るものです。
フリオーソはかかっちゃってましたね。

JC。デルタブルースの人気の無さがすごいです。仕方ないけど。
ドリームパスポートとサムソンが1・2決めてくれたら泣きます。
行きたかったのですが仕事があるので残念です。

そしてJCの興奮さめやらぬであろう16:30からは、ばんえい・北見記念です。
帯広単独開催となってもその名は残った各ばんえい競馬場の記念競走。
今年はやはり充実著しい芦毛の女王・フクイズミでしょうか。楽しみです。

さきほど高知の中継を見ていたら、5Rは「祝本橋孝太19才特別」でした。
今高知には船橋から本橋孝太騎手が修行に行ってるのですが、どうやら今週誕生日ということで協賛レースが行われたようです。ちなみに本橋騎手はこのレース2着でした。

また、今日の高知では、来週阪神で行われるWSJSに地方代表として出場する赤岡修次騎手の壮行会が行われました。
高知競馬管理者から熱い激励を送られ、がっちり握手を交わした赤岡騎手。地方競馬の腕達者たちが集ったSJTを勝ち抜いての代表決定は、非常に見応えがありました。今年は通算1000勝も達成しており、世界の名ジョッキーたちの間に入っても、その存在感をアピールしてくれることを期待しています!

---------------------------------------------------

途中で仕事に戻ったら、肝心なものを書き忘れてました。

今日は水沢で北上川大賞典!15:10発走!JC前の景気づけといきますか。
大将格・テンショウボスに勝ってほしいところなんですが、あんまりこういう距離走ってないんじゃないの?と、よく知らないながらも考えてみたり。ボスアミーゴと、あと好きなのでサイレントグリーン絡めて。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007LJS最終戦・浦和ラウンド 栄冠は宮下騎手に

そんなわけで行ってきました、2007レディースジョッキーズシリーズ(LJS)最終ラウンド・浦和。

歩く女性騎手最多勝記録、女王・宮下瞳騎手(名古屋)が遂に女性騎手招待レースで頂点に立ちました。
浦和ラウンドは1戦目で勝利した別府真衣騎手(高知)と2戦目勝利の宮下騎手が最終的にポイントで並ぶという、3競馬場を巡って争うシリーズとは思えないほどのデッドヒートをみせました。
結果、規定により最終戦を勝った宮下騎手が優勝となりましたが、別府騎手にも惜しみない拍手を送りたいと思います!

◆表彰式にて、宮下瞳騎手の優勝インタビュー動画は→こちら(wmv、30M)
※重いです。そのうち見やすくする…かも。

詳細はいずれ書くとして、写真を何枚か掲載しておきます。少しでも現地の熱気が伝わるといいなぁ。
写真はクリックすると大きくなります。

07ljs1 1)別府真衣騎手(高知)とタガミローズ
うしろに見えるのは平山真希騎手(浦和)とスガノモガミ
9R・FRIDAY CUPのパドックにて。

地方競馬教養センター時代から「逸材」との呼び声高かった別府騎手。
女性騎手最年少での記録を次々塗り替え、昨年のLJSでは惜しくも準優勝。
今年はLJS第5戦のこのFRIDAY CUPを制し、逆転優勝へむけて反撃の狼煙をあげました。

また、レース後にはサインを求めるファンに最後まで応じていたりと人気と人柄もなかなか。まだまだ伸び盛りの19歳です。

07ljs2_22)FRIDAY CUP最後の直線。右から別府真衣、池本徳子、皆川麻由美、岩永千明、平山真希。
結果は
1着:別府真衣・タガミローズ
2着:皆川麻由美・タイガードライバー
3着:平山真希・スガノモガミ

07ljs3 3)10R・楽天競馬杯パドックにて
整列。

07ljs4 4)10R・楽天競馬杯
最後の直線。

並んだ外・宮下瞳とダイコウシリウス、内・平山真希とモエレカールソン
次いで
別府真衣とキンタマーニ

07ljs5 5)最終レース後、パドックにて
左から、牛房由美子、宮下瞳、平山真希(後姿)、池本徳子、増沢由貴子
(うしろでぼやけてるのはおそらく森井美香騎手)

南関東地方、この日は朝からところによりみぞれも降るなどかなり寒い一日。加えて折からの強風で観客もかなり凍えてヒーターの下に集まっていました。当然、騎手たちはそれ以上に寒いはず。
花束やサイン入りゴーグルの客席への投げ込みイベントの合間に、お互いに手を握って暖め合っていました。

07ljs6 6)表彰式後

宮下瞳騎手の優勝インタビュー動画は→こちら(wmv、30M)

総合ポイント上位3名の表彰。
左から、別府真衣騎手(高知)、宮下瞳騎手(名古屋)、いつも明るいムードメーカー皆川麻由美騎手(岩手)

もの凄く寒い中、かじかんだ手で遅くまでサインを続けてくれた各騎手、本当にお疲れ様でした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日こんなのも。田中勝春騎手 講演会

昨日の夜知ったのですが、今日は東京の慶応大学三田キャンパスで田中勝春騎手の講演会が催されるそうです。

出演:田中勝春ジョッキー、丹下日出夫氏(ホースニュース馬・本紙)

司会:目黒貴子氏

場所: 慶応大学三田キャンパス 西校舎501教室

時間: 14:30開場  講演時間 14:45~16:00

★入場無料

★交通アクセス
・ JR山手線、京浜東北線 田町駅下車(徒歩約8分)
・ 都営地下鉄浅草線、都営地下鉄三田線 三田駅下車(徒歩約7分)
・ 都営地下鉄大江戸線 赤羽橋駅下車(徒歩約8分)
(住所:東京都港区三田2-15-45)


三田祭オフィシャルサイトは→こちら

明日が競馬開催日になったことで、ギリギリまで詳細が間に合わなかったとか。
一応ネット上で告知されていたので転載させていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【追記】LJS:レディースジョッキーズシリーズ最終戦!in浦和

いよいよLJSも最終決戦、22日浦和競馬場でFRIDAYCUPと楽天競馬杯が行われます。
LJS公式サイトは→こちら

▼写真は昨年の荒尾ラウンドのもよう。
Arao1115_3
今年はJRAの西原・増沢両騎手(右端の2人)も好きな勝負服で出場してますが、やっぱり全体的にピンクや赤が多いですね。
現在、名古屋・宮下瞳騎手(写真左から6番目)がトップ、次いで今回地元の牛房由美子騎手(右から5番目)、高知・別府真衣騎手(左から3番目)がつづきます。

明日は7レース後に騎手紹介式、最終レース終了後にも表彰式ほかイベントが行われます。
詳しくは→NARサイト

どうなるのかな~。宮下騎手が名実ともに女王の名を手に入れるのか、「闘う母」牛房騎手が地元の意地を見せるのか、別府騎手が昨年2位の雪辱を果たすのか。
4位以下の騎手にもまだチャンスはありますし、楽しみです。

さあ、15:00、15:35の浦和に注目です!

【追記】-------------------
名古屋・山本茜騎手は体調不良のため参加できなくなってしまいました。
昨年もそうでしたが、最終戦まで全員揃うのは難しいですね。
今年はそもそも笹木騎手がいませんし。


ブログ内関連記事(昨年の模様中心)
LJS@水沢まであと2時間!
[2006]LJS:レディースジョッキーズシリーズ開幕!
LJS荒尾ラウンド:レディース招待競走観戦記(前編)
LJS荒尾ラウンド:レディース招待競走観戦記(後編)
北の大地・帯広と、南国・土佐で熱い闘い!:LJSほか
LJS レディースジョッキーズシリーズ最終戦!名古屋ラウンド

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川崎競馬・秋まつり回想録(2)

時系列めちゃくちゃブログ、10/21の川崎競馬・秋まつり回想録第2弾です。
第1弾はこちら

◆ちびっこがジョッキー勝負服を着て記念撮影
071021_5
△町田騎手の勝負服を着た子の写真を撮る町田騎手(右端)。
実際の騎手の勝負服がハンガーにかけられ、好きなのを選んで馬像にまたがって撮影。これがまた盛況で、整理券配布制。 親御さんお手持ちのカメラでもよし、ジョッキーがポラロイドでも撮影してくれます。ローテーション制で、かわるがわる色々な騎手が服受け渡し係・撮影係・馬上案内係をやってくれます。ほんとにアットホームです。

◆コース体感ドライブ
これはマイクロバスに乗ってレースコースを回ってみようというもの。実況アナと騎手がナビ役を務めます。
バスは走路沿いを2周するコース。私の乗った回のナビは実況アナ+金子騎手と山林堂騎手。1周目はゆっくりとコース解説、2周目はレースと同じスピードでコーナーも直線も飛ばします。 乗ってみてわかったのですが、あの速さでコーナー回るのホント大変ですよ。遠心力で乗客みんな振り回されっぱなしでした。
金子騎手が1コーナーで
「俺は別に追い込み馬が特別好きなわけじゃないんだけど、なぜかそういう馬がまわってくるんでこのあたりだとまだ後ろにばっかりいるんだよなぁ」
と言えば、直線の入り口で山林堂騎手が
「ここらへんでレースを諦めることが多いです(笑)」
すると後部座席から
「諦めるなー!」
のツッコミも。
20071021_2
△川崎コースのコーナーはやっぱりきつい。

◆車内でのQ&Aコーナー。
・南関4場でのりやすい競馬場は?
の質問にはお二人とも
「乗りやすいのは船橋。乗りにくいのは浦和千六と大井千六」
それはなぜ?
金子「コース形態云々よりも船橋は流れが落ち着いてるから。浦和は必死」

・観客を気にすることはある?
金子「お客さんがいっぱい入ってるとやっぱり嬉しい」
山林堂「返し馬のときにキレイな人がいないか探します(笑)」
イケメン山林堂騎手は自分のキャラをわかってます。

アットホームで楽しい雰囲気で2周ドライブを楽しみ降りてくると、ちびっ子撮影会も終わったのか、騎手たちが自分のお子さんに自分の勝負服を着せて写真を撮っていました。
最初はちょっとのぞいて帰る予定だったのですが、本当に楽しくて楽しくて夕方までめいっぱい遊んで、約13,200名の入場者を集めた川崎競馬秋まつりを後にしました。

川崎競馬場の内馬場の芝生は絶品と有名ですが、それをうまく生かしたイベントだなぁとしみじみ思いました。フリーマーケットや出店があんなに大規模なものだと思ってなかったので驚きましたよ。競馬好きの人もそうでない人も存分に楽しめたのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川崎競馬・秋まつり回想録(1)

相変わらず時系列がメチャクチャなブログです。
※写真はクリックすると大きくなります。

10月21日、秋晴れの下、川崎競馬場では地域交流を兼ねた毎年恒例の「川崎競馬秋まつり」が開催されました。
例年、ジョッキートークショーやポニー乗馬をはじめ、仮面ライダーショーや歌謡ショー、フリーマーケット等、地域の普段競馬になじみのない方々も遊べるような、内馬場の芝生を使った公園イベント的に行われます。 今年も大入り満員でした。

071021_1
◆まず、川崎所属騎手&鉄人・佐々木竹見のトークショー。
会場に着くと、ちょうど騎手たちが各々紹介されているところ。
普段このブログで応援している山崎誠士騎手(23)は、山林堂騎手の隣で帽子+ピンクのシャツ+半ズボンのいでたちでいつものようにニコニコ。 司会者にまで
「ずいぶんと可愛いかっこうで…」
とかツッコまれちゃってます。 さらに前住騎手の
「騎手生活で楽しいこと?特に何もないです
という沢尻なトークで椅子から落ちそうなほど笑ってます。

それにしてもアットホームというか、皆さん飾らないですね。
新人の郷間騎手が
「朝早くてこの仕事ツライ」
とか言い出すと、 竹見先生の
「そんなこと言ってちゃ騎手やってらんないよ!」
という公開説教も飛び出し、今野騎手会長と司会の方の進行で和やかにトークは進みます。
20071021_1
△郷間騎手のトークに爆笑。左から前住騎手、山林堂騎手、山崎騎手、山野騎手、郷間騎手

◆で、山崎騎手の番。
司会「三代続く騎手の家系、川崎競馬のサラブレッド・山崎誠士騎手です!2004年度NAR最優秀新人騎手にも選定されました」
今野「最初はすごい新人だなーと思ったんですけど最近は…」
ちょっとちょっと今野騎手^^;
司会「そういえばデビュー前に竹見さんも『あの子は上手いよ!』ってよく言ってましたが、最近言いませんね」
竹見「あー」
山崎「いや、ちょっ」
なんでしょうこのアットホームというか遠慮なさは(笑)

司会「ところで、川崎で仲のいい騎手は誰ですか?」
山崎「いないですねぇ~。みんなに冷たい扱いを受けてます(笑)」
今まさにね。
司会「特にどなたが」
山崎「今野会長ですね(笑)」
今野「え~そんな目で見られていたとは」
楽しそうですねぇ。

司会「では今後の抱負を」
山崎「今野さん目指してがんばります!」
司会「リーディング奪取宣言が出ました!」
この秋はなかなか調子良いですし、お世辞じゃなく安定感が増してきました。
後で一緒に写真を撮らせていただいたのですが、本当に誰に対しても笑顔で親切で、そういうところは全然変わりません。お会いするたびに益々応援しようと思わせてくださる騎手です。
071021_4 つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JBCスプリント後記

遅くなりましたが、10月31日、感動のJBCスプリント回顧です。
※各画像はクリックすると大きく表示されます。
07jbc_1

JBC史上初の地方馬制覇。成し遂げたのは大井・高橋三郎厩舎のフジノウェーブでした。
デビューは笠松、のち大井に移籍した生粋の地方馬。しかもC1条件からはじめて勝ちをコツコツ積み上げて臨んだJBCでした。鞍上は御神本騎手。今年は大レースでの出遅れや休養期間などあれこれありましたが、この大舞台で立派に結果を出しました。
ここまでたどり着く足跡は決して平坦なものではなかったはずです。大井に移籍してきてから大怪我もありその他いろいろ大変なことがありつつも、大きな仕事をやり遂げたその表情はとても晴れやかでした。
▼御神本騎手
07jbc_2 07jbc_3

また、フジノウェーブを陰で支え続けた矢野貴之騎手も忘れてはいけません。高崎競馬から大井に移籍してからは騎乗機会も多くありませんが、昨年春からずっと調教パートナーをつとめ、「フジノウェーブの背中を一番知る人物」と評されるほど。その頃からフジノウェーブは破竹の10連勝、そして重賞も制しました。表舞台で話題になることは少ないけれど、こういった裏でフジノウェーブを磨いてきた高橋三郎厩舎のスタッフさんたちにも大きな拍手を送りたいです。
TCKブログによれば、担当厩務員の方が定年退職されたばかりとか。環境の変化もあり、馬インフルエンザの流行による入退厩制限もあって決して順調ではなかったと聞きます。

(TCKレースレポートより)-----
「本当は放牧先からもっと早く帰厩させたかったけど、インフルエンザの入退厩制限で遅れてしまった(9月25日)。正直ここまで急仕上げだったし悩みもあったけれど、本当に(ウェーブには)頭が下がる思いだね。それに、矢野君(調教パートナー・矢野貴之騎手)たちの努力もあったよ」(高橋三郎調教師)
-------------------------

この日は乗り鞍のなかった矢野騎手ですが、我が事のように(というか我が事ですね)喜ばれたそうです。
加えて、笠松時代に管理していた柴田師も涙ぐまれていたという話を読んで、本当に多くの方に幸せをもたらす勝利だったのだなぁと思いました。

▼TCKレースレポート
http://www.tokyocitykeiba.com/01/2007/index.php?Date=20071031.2

▼矢野騎手(8月)
07yano 07yano2_2
フジノウェーブ関係者のみなさん、本当におめでとうございました!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LJS@水沢まであと2時間!

いよいよレディースジョッキーズシリーズ2007、水沢ラウンド発走まで2時間を切りました!
今年は3場すべてに、JRAジョッキーの増沢由貴子騎手と西原玲奈騎手も参加されます。
昨年までよりグレードアップした華麗なる闘いに期待しましょう!!

とりあえず1戦目は、地元・皆川麻由美騎手に期待です。
明るく気さくなキャラクターの人気者。先日のJBC@大井の日も、サイン会に列ができてましたよ。

▼JBCの日のLJSのキャンペーンに訪れた女性騎手たちの中から。
ブレちゃってすみません、高知・森井美香騎手と浦和・平山真希騎手。
07jbc_morii_2 07jbc_hirayama
皆川騎手と浦和・牛房騎手の写真は撮れなかったです。残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »