« 新年ひとつめ | トップページ | 2009 サロン・デュ・ショコラ(1) »

再会はいつも高知で ~ 09年・全日本新人王争覇戦 &岩手・トウケイニセイ記念

「高知で逢おう」とアイツは言った―。
名フレーズとともに、今年もこのレースがやってまいりました。
いよいよ明日は全日本新人王争覇戦です!

23回を数えるこのレースも昨年から施行時期を1月に移しての開催となりましたが、寒い季節も若武者たちの激しい闘いは見る者にもその熱を伝えてくれます!
ベテランも兄弟子もいない、彼らだけの一生に一度の舞台の魅力にとりつかれて、ここ4~5ほど毎年高知まで足を運んでいたのですが、残念ながら今年は行かれませんでした。
ですが、ネットで中継も馬券も楽しめる今のシステムに感謝しつつ、モニター越しに応援を送りたいと思います。

さて、今年の出場選定騎手は以下の通りです。

黒澤 愛斗(北海道) 
國分 祐仁(浦和) 
濱田 達也(船橋)
川島 正太郎(船橋)
早田 功駿(大井)
郷間 勇太(川崎)
持原 大志(愛知)
阪野 学(愛知)
瀬沢 宙(兵庫) ※昨年ケガで欠場の為今年も選定
田中 直人(佐賀)
丸田 恭介(JRA美浦)
藤岡 康太(JRA栗東) ※浜中俊騎手が騎乗停止の為

■南関多いですね。濱田騎手、郷間騎手は現在高知で武者修行中なので、やや地の利があるでしょうか。最近の川崎では乗り鞍も少なかった郷間騎手、高知では活躍しているようで戻ってくる日が楽しみです!またデビュー初勝利が高知重賞・黒潮皐月賞の濱田騎手も、今回はどんなレースを見せてくれるでしょうか。
関連)→WEBハロンの記事

■川島正太郎騎手は先ごろ日本プロスポーツ大賞新人賞を受賞され、さらに色々な期待がかかっています。当ブログでは教養センター時代に少し触れて以来です(→こちら)。このとき内田博幸騎手に激励されていた坊主頭の少年が今は…と思うと感慨深いものがあります。このときの模擬レースは85期生が出ていたので、國分祐仁騎手、濱田達也騎手、早田功駿騎手、田中直人騎手も出ていたと思われます。

■その田中直人騎手、お兄さんの田中純騎手もこの新人王戦で表彰台に上った経験があります。直人騎手にもさらに上の順位を目指してほしいですね!

■兵庫・瀬沢騎手は、昨年は選ばれつつも直前のケガで欠場しただけに、今年は大暴れしてほしいものです。去年も書きましたが、イベントで見たところなかなか楽しいキャラのようでした。
■JRA藤岡康騎手は、浜中騎手の代理で出場となりましたが、こういうチャンスこそ生かしてほしいです。
■そして小さな大ジョッキーとなるか、北海道・黒澤愛斗騎手。135cmと小柄ゆえに付けるおもりもハンパでないと聞きますが、雪の北海道へ南国・高知から熱い便りを届けてくださいね!

明日はこれも名物レース・はりまや盃が行われます。高知からJRAに移った鷹野騎手も騎乗されますよ。明日の高知はいつもよりさらに熱い闘いが繰り広げられます!

ブログ内関連記事
全日本新人王争覇戦(高知)観戦記(1)(2008年)
全日本新人王争覇戦(高知)観戦記(2)(2008年)
全日本新人王争覇戦!(2008年)
振り返れば競馬の写真5~高知・新人王争覇&黒船賞2(2007年)
振り返れば競馬の写真4~高知・新人王争覇&黒船賞1(2007年)
みちのくに届いたか未来への希望! 高知・新人王争覇&黒船賞(2007年)

■一方、岩手・水沢競馬場ではトウケイニセイ記念が行われ、なんと実際にトウケイニセイの凱旋セレモニーが行われます。小西調教師、菅原勲騎手のトークショーもあるようです(→NARサイトより)。
過去に新人王争覇戦に出場したジョッキーたちも多数このレースに騎乗されてますね。
水沢10R・トウケイニセイ記念は15:25発走です。

|

« 新年ひとつめ | トップページ | 2009 サロン・デュ・ショコラ(1) »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74901/27038196

この記事へのトラックバック一覧です: 再会はいつも高知で ~ 09年・全日本新人王争覇戦 &岩手・トウケイニセイ記念:

» 伝説の名馬「トウケイニセイ」、水沢に降臨 トウケイニセイ記念 & 全日本新人王争覇戦 [地方競馬に行こう!]
またもや体調を崩してしまいまして(バカの癖に風邪をこじらせまして(;´∀`))、しばらくお休みをいただきました。まだ万全ではないのですが、この話題にだけは触れなければいけ [続きを読む]

受信: 2009年1月12日 (月) 04時45分

« 新年ひとつめ | トップページ | 2009 サロン・デュ・ショコラ(1) »