カカオのお酒・ショコラブルワリー

Chocolatbre お久しぶりです。チョコの記事は去年のサロン・デュ・ショコラ以来ですね。

今年もこの時期になったので何か面白いものはあるかと物色していたところ、先月コンビニで発見したのがこれ。

サッポロとロイズのコラボ、カカオの発泡酒「ショコラ ブルワリー」。
昨年も出ていたんだそうです。公式サイトは→こちら
ビールではなくて発泡酒です。普段あまり発泡酒を呑まないので他との比較は難しいのですが、カカオ物という観点で見ていきます。

1/13に数量限定発売されたというコレ。ちなみに「ビター」の方です。他に「スイート」もあります。昨今のアンケート調査で、バレンタイン時に男性は、もらったチョコをあんまり自分で食べきらないという結果が出たとか出ないとか聞きました。まあ甘いもの大量は男性じゃなくても大変だったりします。そういうときに、お酒を飲む人限定ではありますがこういう商品があるのはいいですね。

実際飲んでみると、一口目でまず
「あ、カカオ」
と感じます。変に甘いのでは?という心配をする方もいるかと思いますがそれはなく、口当たりがやさしい感じですね。カカオもあくまで風味で、無理矢理感はないと思いました。
「芳しい香りとほろ苦い味わいの“大人な”お酒」というコンセプト通り、苦みはカカオに依存している感じで、ビールや発泡酒の苦みとは違う味わいです。

ビールのようなコクのある強さを求める人向けではないかもしれませんが、飲んでいて落ち着きつつも華やかな気分になれるお酒ですね。パーティーや特別な日には合いそうです。
また来年も出たら飲んでみたいと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009 サロン・デュ・ショコラ(1)

毎年恒例の新宿伊勢丹「サロン・デュ・ショコラ」に行ってきました(→公式サイト)。
昨年は行ったもののレポートを書けなかったので、その辺も補完したいと思います。

名前が「サロン・ド・ショコラ」から変わって2回目ですが、出店メーカーは新規も古株も混在です。

■まずは昨年の補足分。昨年・今年ともに出店しているメーカーから。

・定番、ベルギーより「ノイハウス」(→公式サイト
09chocolate1_2
写真は昨年のものです。左のノイハウスのNの形をしているのが「サタン」、右が「カプリス」。角度が悪くてわかりにくいですが、カプリスはなだらかな可愛い▲型で目を引きます。
サタンはヘーゼルナッツキャラメルクランチ入り。カプリスはフレッシュなバニラクリームをビターチョコで包んでいます。この内外の味のバランスがよくて美味しかったです。

・ニューヨークから、「5th アヴェニュー」(→公式サイト
09chocolate2_2
数種類の生チョコが有名ですが、限定品は売り切れがち。個人的にはシャンパンのキレの良さが好きですが、積極的に試食をすすめてくれるので試してみてからでもいいと思います。写真は昨年のもの。

・日本から明治「100%チョコレートカフェ」(→公式サイト
09chocolate3_2
とにかく種類の多さは他の追随を許しません。また個々がかさばらず箱に入っているのもお手軽に買える点でしょう。
ご覧の通りナンバーがふってあるので、贈る相手にゆかりある数字を選んだりしても面白い。写真は昨年のものですが、今年もバレンタイン限定「214」チョコはあるのかな?

■今年の分。
とにかく賑わっているので行く方はそれなりにお時間を見た方がよいです。
印象では、カラフルなチョコの多いブースは比較的すいてます。
やはりチョコレート色をしているものが人気なのでしょうか。

・フランス「メゾン・フェルベール」(→伊勢丹地下店
09chocolate4 09chocolate5

ジャムが主体ですが、チョコもしっかりと。
写真は「アプリコット・チョコレートペースト」。市販のバウムクーヘンにかけてみましたが、クラッカーなど塩系のものにのせたりすると良さそうです。
アプリコットのフルーツらしい鮮やかな味を、チョコがやわらかく仕上げている印象。強さではアプリコットの方がまさっています。
他にもバナナ、ブルーベリー、パッションフルーツ、オレンジなど、チョコペーストもジャムも豊富に取り揃っていました。

(つづく)

■その他市販のチョコなどは本サイト「チョコレート博物館」で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年ひとつめ

遅くなりましたが新年ひとつめの記事です。

馬とチョコと野球といいながら完全に馬に偏ったブログですが、
管理人の下記のサイトともども、また今年もよろしくお願い申し上げます。

チョコレート博物館:市販のチョコの一覧はじめ、あれこれチョコについて語るサイト。
最近、更新を再開しました。

RED SPLASH:川崎競馬で活躍する山崎誠士騎手の応援サイト。昨年の写真をまとめ中。

DARK SIDE:その他競馬と野球について。ダンスインザダークと三井健一騎手、矢野貴之騎手、LJS関連(女性ジョッキー)など中心。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チョコレートの季節2008:馬のチョコを求めて

今年も2月がやってきました。
来週からバレンタインフェアなんていうところも多いようですが、
ひとまず当ブログとしては馬関係のチョコを。

■昨年の記事「チョコレートの季節:馬関係のチョコ」でご紹介した
北海道「ノーザンホースパーク」のギャロップチョコレートですが、
現在公式サイトの通販では季節もののチョコが替わりに載っているようです。
ノーザンホースパーク公式サイト

◆期間限定・オリジナルクーベルチョコ
馬の姿や騎手像など、ノーザンホースパークの風景が表面に描かれたチョコ。
ラッピングの柄も選べるそうです。

◆ホースシュークッキー(チョコチップ)
蹄鉄型のチョコクッキー。パッケージからもすぐ馬関係だとわかります。


「柳月」は十勝地方に本拠を置くだけあって馬にゆかりのお菓子がありますが、
店舗(特に帯広のスイートピアガーデン)限定のものもあり、今のところ通販では確認できていません。
ただ、和洋取り揃えた豊富なラインナップとリーズナブルさは魅力。
バレンタイン特設ページもあるようなのでチェックしてみてはいかがでしょうか。
柳月公式サイト


■毎年ご紹介している気もする、ベルギー王室御用達の「ヴィタメール」
馬モチーフのチョコが常備され、高級感もある割に比較的リーズナブルなのが特徴。
一昨年は蹄鉄プリントのものがあったのですが、今年のプリント柄は情熱的な感じのになってました。

で、定番ホースヘッド&蹄鉄モチーフ。2種類あります。
080202_w1
公式サイトの通販で買えるセットの中にも入っていますが、
直接店舗にいけば、一粒ずつ好きなものを選んで箱に入れてもらえるので便利です。
洋酒を含むものが多いですが、それほどキツくないので苦手な人もあまり心配ないそうです。
ヴィタメール公式サイト


■こちらも定番「ゴディバ」。名前の由来でありエンブレムにもなっているレディ・ゴディバがそもそも馬に乗っている姿なので、それをモチーフにしたチョコもありますね。
バレンタイン用コレクションの中にもこちらは入ってます。
080202_g1
こちらも店舗で自由に選んで詰めてもらったものですが、写真左上のパッションフルーツのチョコレートは目新しくて美味でした。
080202_g2
ゴディバ公式サイト


「リシャール」
ちょっと具体的ですが、フサイチリシャールのファンの方ならばチョコも「リシャール」なんてどうでしょうか。
香りの高いガナッシュと美しいプリントが特徴ですが、若干高級かも。
しかしカレーのガナッシュをチョコに閉じ込められるのはリシャールだけなんじゃないかと思います(写真右上)。好みはわかれそうですが。こちらのセットは通販でも買えるプチリシャール。
080202_r1
リシャール公式サイト


あとは、過去のバレンタイン特集をリンクしておきます。
2007年チョコレートの季節:馬関係のチョコ
2006年バレンタイン直前特集
2005年バレンタイン直前特集
余裕があったら先日の伊勢丹「サロン・デュ・ショコラ」もレポートします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

高知に行ってきました

年に一度の高知旅行から帰ってきました。全日本新人王争覇戦は面白かった~♪
それはまた後にして(長いから)、高知のチョコ紹介です。

高知に初めていった頃、やはり和菓子や柑橘類のおいしいお土地柄もあってか、ご当地チョコはあまり多くなかったのですが、最近は土産物店や空港でも結構見かけるようになってきましたね。基本南国ですから溶けやすいものは置きにくいと思いますが、見つけるとコレクターとしては嬉しいものです。

Tokimeite_kouchi_2 今回の品はその名も「ときめいて高知」。ときめかなくちゃ…。
販売元は株式会社 青柳。内容としては、高知県産コシヒカリのライスパフをとじこめた一口サイズチョコです。ただ一口といっても結構大きめ。二口か三口かな。

チョコとしては舌触りがやや堅めかなと思いましたが、パフのサクッと感はいいですね。

この箱は8個入りですが、もっとたくさん入ったパックも有り。この写真だとわかりにくいですが、パッケージはかなり濃いブラウン(黒に近い)でキレイなので、思い切りのよいネーミングと併せてお土産としては楽しめそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々チョコの話題:柿の種チョコ

食べ物の話題が久々になってしまいました。 競馬で熱いニュースが続いたので少しブレイクのためにここらでこんな話題を。

Kakichocoお土産チョコシリーズ・新潟県。
今回はいただきものの中からこちらを。
新潟といえば米どころだけあって煎餅・おかきは名物ですが、柿の種+チョコもしばらく前からよく見かけるようになってきました。
全国のコンビニ等でも類するものは多くなりましたが、浪花屋製菓は「元祖」と銘打つだけあって本格的。箱の中に小袋入りの柿の種チョコがざっくり9袋。袋によって中身が違い、それぞれノーマル柿チョコ、ホワイト柿チョコ、カフェオレ柿チョコとなっています。
ノーマルはかなりビターめになっていて、柿の種の塩味や辛味と好相性。また、ホワイトやカフェオレの甘さも引き立てています。なんとなく、ホワイトよりカフェオレの方が甘いかな。

ロイズのポテトチップチョコや名古屋のえびせんチョコなど、塩味&チョコのコラボもすっかり市民権を得た昨今、まだその味を知らないならばまず食べてみてはいかがでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ばんえい関連商品プロモーションin東京!帯広にうまいものあり

帯広の美味しいものをお送りするシリーズが途切れちゃってます。
帯広のスイーツ再び!(その1)」以来となりますが、紹介したいものがいっぱいありすぎて追いつかない状態です。次は予告通りばんえい競馬関連お菓子を、と思っていたら、ちょうど明日からこんなイベントがあります。

■ばん馬関連新商品のプロモーション!
in 北海道どさんこプラザ 有楽町

 11/28 14:00~19:30
 11/29 10:00~19:30
 11/30 10:00~14:00
新商品(食品)の試食とモニタリング、食品以外(アクセサリー)のモニタリングとプレゼント抽選だそうです。
詳しくは「とかち馬文化を支える会」さんのブログをご覧ください。

明日から3日間、東京でも色々楽しめそうです。スイーツ以外もあるみたいなので行ってみてまたレポしようと思います。
どさんこプラザ・有楽町は→こちら (公式サイト
・JR有楽町駅徒歩1分、地下鉄有楽町線有楽町駅3分/東京交通会館1階


また、25日には、支える会さんによるばんえい騎手・調教師の皆さんとの交流会が開かれました。ブログに会の様子がアップされていますが、行きたかったな~…。

Umabunka「とかち馬文化を支える会」公式サイトは→こちら
随時会員募集中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続・続・ビックリマンプロ野球チョコ2007:箱買いの最終報告

そういえば、箱買いした「ビックリマンプロ野球チョコ2007」、だいぶ前に食べ尽くしてました。30個入りなのでコンプリートするには6種類ほど足りないのですが、一つの箱内ではダブリがなかったためスムーズに30種集められました。
出た選手の内訳は以下の一覧を参照してください。

■日本ハム 八木智哉、森本稀哲、金村暁(ゴールド)
■西武 涌井秀章、中島裕之、和田一浩(ゴールド)
■ソフトバンク 和田毅、川崎宗則、松中信彦(ゴールド)
■ロッテ 渡辺俊介(ゴールド)
■オリックス 平野佳寿、清原和博、吉井理人(ゴールド)
■楽天 福盛和男、山崎武司、岩隈久志(ゴールド)
■中日 山本昌、井端弘和
■阪神 赤星憲広、金本知憲(ゴールド)
■ヤクルト 石川雅規、青木宣親、古田敦也(ゴールド)
■読売 二岡智宏
■広島 永川勝浩、新井貴浩、前田智徳(ゴールド)
■横浜 マーク・クルーン、村田修一、三浦大輔(ゴールド)

近所のコンビニではもう置いてないのですが、残りも集められたら集めようと思います。

■ブログ内関連記事
ビックリマンプロ野球チョコ2007
続・ビックリマンプロ野球チョコ2007

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続・ビックリマンプロ野球チョコ2007

こちらの記事でも書いた「ビックリマン プロ野球チョコ2007」のその後。
箱買いしたものを日々少しずつ食べていってまして、着実に消費はしています。

ほぼ半分くらい食べましたが、今のところ出た選手の内訳は以下の一覧を参照してください。

■西武 涌井秀章、中島裕之、和田一浩
■ソフトバンク 和田毅、松中信彦
■ロッテ 渡辺俊介
■オリックス 平野佳寿、吉井理人
■楽天 福盛和男、山崎武司、岩隈久志
■阪神 赤星憲広
■ヤクルト 古田敦也
■広島 前田智徳
■横浜 マーク・クルーン、村田修一

一応、一枚もダブリが出ないで順調に来てます。パが多いのですが、日ハムが出てないのが意外。こんな感じで地道にやってます。コンプリートは遠い。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ビックリマンプロ野球チョコ2007

ビックリマンプロ野球チョコ2007
昨年に引き続き、今年も出ました『ビックリマンプロ野球チョコ』
発売元・ロッテの公式サイトによると、今年は各球団から3名ずつの計36選手がシール化だそうです。この記事を見た限りでは、まだ首都圏ONLYなのでしょうか。
そして昨年に続いてまたまた箱買いしてしまったわけですが、一箱には30個入りなので、1箱買ってもコンプリートはできないのですね。ま、地道に参りますか。
ビックリマンプロ野球チョコ
パッケージイラストを見る限り、昨年よりも絵がリアルになっている印象です。中身のお菓子はウエファース&チョコという、昔ながらのビックリマンチョコ。1枚につき121kcalです。
ビックリマンプロ野球チョコ2007の記念すべき今年の一枚目は、オリックスの平野佳寿選手でした。
07ball_bik3

| | コメント (0) | トラックバック (3)