2009 サロン・デュ・ショコラ(1)

毎年恒例の新宿伊勢丹「サロン・デュ・ショコラ」に行ってきました(→公式サイト)。
昨年は行ったもののレポートを書けなかったので、その辺も補完したいと思います。

名前が「サロン・ド・ショコラ」から変わって2回目ですが、出店メーカーは新規も古株も混在です。

■まずは昨年の補足分。昨年・今年ともに出店しているメーカーから。

・定番、ベルギーより「ノイハウス」(→公式サイト
09chocolate1_2
写真は昨年のものです。左のノイハウスのNの形をしているのが「サタン」、右が「カプリス」。角度が悪くてわかりにくいですが、カプリスはなだらかな可愛い▲型で目を引きます。
サタンはヘーゼルナッツキャラメルクランチ入り。カプリスはフレッシュなバニラクリームをビターチョコで包んでいます。この内外の味のバランスがよくて美味しかったです。

・ニューヨークから、「5th アヴェニュー」(→公式サイト
09chocolate2_2
数種類の生チョコが有名ですが、限定品は売り切れがち。個人的にはシャンパンのキレの良さが好きですが、積極的に試食をすすめてくれるので試してみてからでもいいと思います。写真は昨年のもの。

・日本から明治「100%チョコレートカフェ」(→公式サイト
09chocolate3_2
とにかく種類の多さは他の追随を許しません。また個々がかさばらず箱に入っているのもお手軽に買える点でしょう。
ご覧の通りナンバーがふってあるので、贈る相手にゆかりある数字を選んだりしても面白い。写真は昨年のものですが、今年もバレンタイン限定「214」チョコはあるのかな?

■今年の分。
とにかく賑わっているので行く方はそれなりにお時間を見た方がよいです。
印象では、カラフルなチョコの多いブースは比較的すいてます。
やはりチョコレート色をしているものが人気なのでしょうか。

・フランス「メゾン・フェルベール」(→伊勢丹地下店
09chocolate4 09chocolate5

ジャムが主体ですが、チョコもしっかりと。
写真は「アプリコット・チョコレートペースト」。市販のバウムクーヘンにかけてみましたが、クラッカーなど塩系のものにのせたりすると良さそうです。
アプリコットのフルーツらしい鮮やかな味を、チョコがやわらかく仕上げている印象。強さではアプリコットの方がまさっています。
他にもバナナ、ブルーベリー、パッションフルーツ、オレンジなど、チョコペーストもジャムも豊富に取り揃っていました。

(つづく)

■その他市販のチョコなどは本サイト「チョコレート博物館」で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の思い出・札幌手作りパンのお店「MumingPulla」さん

080814_2 以前の記事で予告していた、札幌の手作りパンのお店「MumingPulla」さんに行ってきました。といっても8月のお話で、ずいぶん時間があいてしまいました。すみません。
この記事の内容は8月のメニューなので、現在のラインナップについてはお店のブログをチェックなさってください。
→こちら
(←お店の様子。許可をいただいて撮影させていただきました)

080814_1 買ってきたもの(一部)がこちら。
ちょっと写真の色合いがオレンジっぽくなってしまいました。
手ごねのパン生地は、きめが細かくてモチモチしています。ハード系の生地もソフト生地も、どちらも食べごたえ十分です。

◆蹄鉄パン
前後に競馬に行っているので、これは買うしかない。
ドライフルーツ&ナッツの入った蹄鉄型のパンです。
以前お店のブログにライ麦生地とあったので、このときもそうだと思います。
ドライフルーツ入りですが、甘さより香ばしさが決めてです。

◆グレープフルーツマフィン
冷やしてデザートがわりにいただきました。
グレープフルーツのこういうマフィンは初体験でしたが、つぶつぶが中に詰まっていて嬉しい驚き。サラリと食べられて、もうひとつ買っておけば良かったと思いました。
食べながら夏を感じましたね。

◆ミルクティーいちじく
こちらはレギュラーメニューのようです。
生地の仕込み水にミルクティーが使われていて、ほんのり風味が良いのです。
アールグレイといちじくの取り合わせが上品でベストマッチ!
いちじくの甘味もほどよくて、果物好きには嬉しいメニューです。これ大好きです。

◆かぼちゃパン
生地にもカボチャを練りこみ、中にもホクホクのがゴロっと入ったボリューム満足度の高い一品。カボチャの種のアクセントも効いています。
きめ細かな生地がしっかり中身を包みこんでGOOD!

◆プルーンのマフィン
これもすごく美味しかったです!
元々プルーンは生も好きなのですが、手を加えたものでこんなに美味しいと思ったことは珍しいです。
プルーンの鮮烈な味をマフィン生地がしっかり受け止めています。

他にもおかずパン代表(?)・たまねぎパン、ゴマと餡の最強タッグ・ごまくるみあんロールなど、いっぱい食べたので書ききれないのですが、チーズ系もオススメです。
特にクリームチーズの使いどころがしっかりなさっていると思いました(偉そう^^;)。
日によって少しずつラインナップも変わるので、この日の翌日もまた買いに行ってしまいました。
札幌はもう雪も降ったとか。今は冬メニュー(?)で上記とは少し異なっているかもしれません。最近のかぼちゃパンは、中身がシナモン味のかぼちゃフィリングだそうです。うわ~誰か買ってきてくれないかなぁ。
おやつに夜食に、MumingPullaさんのパンにお世話になりっ放しの札幌滞在でした。

「MumingPulla」さんの公式ブログは→こちら
お店は狸小路から一本出たところにある一閤ビル3F(1Fは旅行会社)の、
milco tigerさんと同フロア内です。地図は→こちら(googleMap)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道行:札幌の美味しいもの

8月です。今週後半は、馬とおいしいものを求めて北海道に行ってきます。

以前から行きたかったお店にやっと行けるのが楽しみです。
この春、札幌にオープンした手作りパンのお店「MumingPulla」さんは、いつもブログで新作パンの写真やおしらせをアップされてます。
→こちら

その時々で手に入った良い素材を、いつも一工夫きいたアレンジでパンやマフィンに変身させ、日々新しいメニューを生みだされています。
季節ごとにメニューも変わるので、早く行こう行こうと思いつつこの時期になりました。
春のいちごと練乳のマフィンが食べたかった!…みたいなこともあるのでやはり行動は迅速にしようと思いました。
ブログには作る予定のメニューが掲載されることもあり、チェックしていくといいですね。
競馬にちなんで、蹄鉄型のパンも作ってくださってる場合もあります。
スイーツ系もおかずパンも充実していて、今からとても楽しみです。

たぶん地図は→こちら(googleMap)
大通公園から近く、狸小路のところですね。
一閤ビル3F、営業時間/12:00~18:30、月曜定休だそうです。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ばんえい関連商品プロモーションin東京!帯広にうまいものあり

帯広の美味しいものをお送りするシリーズが途切れちゃってます。
帯広のスイーツ再び!(その1)」以来となりますが、紹介したいものがいっぱいありすぎて追いつかない状態です。次は予告通りばんえい競馬関連お菓子を、と思っていたら、ちょうど明日からこんなイベントがあります。

■ばん馬関連新商品のプロモーション!
in 北海道どさんこプラザ 有楽町

 11/28 14:00~19:30
 11/29 10:00~19:30
 11/30 10:00~14:00
新商品(食品)の試食とモニタリング、食品以外(アクセサリー)のモニタリングとプレゼント抽選だそうです。
詳しくは「とかち馬文化を支える会」さんのブログをご覧ください。

明日から3日間、東京でも色々楽しめそうです。スイーツ以外もあるみたいなので行ってみてまたレポしようと思います。
どさんこプラザ・有楽町は→こちら (公式サイト
・JR有楽町駅徒歩1分、地下鉄有楽町線有楽町駅3分/東京交通会館1階


また、25日には、支える会さんによるばんえい騎手・調教師の皆さんとの交流会が開かれました。ブログに会の様子がアップされていますが、行きたかったな~…。

Umabunka「とかち馬文化を支える会」公式サイトは→こちら
随時会員募集中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帯広のスイーツ再び!(その1)

久しぶりの「帯広スイーツ」特集。とにかく帯広はスイーツのメッカ。初めて訪れる方は、帯広駅等で「スイーツMAP」をGET!
私も帯広行くたびにおいしい物を貪っているのですが、あんまりブログに書いてませんね…。
前回の帯広スイーツ記事は→こちら

※各写真をクリックすると大きい画像が見られます。

■「十勝野フロマージュ」のチーズケーキ
20070929_s1 20070929_s2
粉雪のふりかかったような姿が美しいです。中札内の「道の駅」で購入。
甘さ抑えめでしょうか。おなかいっぱいの食後でも美味しくいただけました。
→公式サイト

■「クランベリー」のソフトクリーム、クランベリーソースがけ20070929_s3

クランベリー本店にて。
以前は紫いものソフトクリームをいただきましたが、今回はこれ。
バニラソフトはしっかりしていて頼りなさがなく、
ベリーソースの酸味が絶妙です。
美味しいデザートは、甘みだけでなく他の味覚の刺激の仕方もうまいですね。
しかもお値段も¥210 とリーズナブル。
店内でイートインもできます。

ちなみに営業時間はAM9時~PM9時です。
→公式サイト


★「柳月スイートピアガーデン」編、「六花亭」編、「ばんえい」編につづく

| | コメント (0) | トラックバック (2)

函館スイーツ♪レポート

今月はじめに函館に行ってきましたので、久々にスイーツレポートです。

函館といえば、海産物と洋食です。
今回行ったのは、元町の洋館立ち並ぶ一角の洋食店「函館八幡坂Story」。おしゃれな建物です。 量がやや少なめで女性向けかな。
http://gourmet.hakonavi.ne.jp/yousyoku2/story.html

06hakodate_1 シチューはミルクの濃厚さがシッカリ出ていて美味しかった!デザートのロールケーキも、しっとり系スポンジと生クリームのふわふわ感がベストマッチ。
私は本来ふわふわの柔らかいスポンジが好きなんですが、ここのはしっとりしてても良かったです。シッカリしてるけど重くなく、口当たりが良いんですよ。
ケーキはテイクアウトできるそうなので買っていってもよかったなぁ。写真右はストロベリー、左はダークチェリーのロールケーキです。

06hakodate_2 函館競馬場内グルメでは、正門から右手の新聞売り場で販売中の「函館牛乳ソフトクリーム」がお薦め。アイボリーな色合いのクリームが濃厚です。
クリームチーズのような、なめらかだけどしっかりした舌触りがお気に入りです。これで\200 は安い!
メニューには「ソフトぜんざい」なる物も。おそらくはアズキと白玉の入った器にこのソフトクリームを盛ってくれるものと思われます。
限定50個だそうですが、次に行ったら絶対食べます!

お土産には函館駅や空港で販売中の「スナッフルズ」のチーズオムレット。
手のひらサイズのチーズケーキが箱に詰めあわされています。口に入れた瞬間とけてゆく食感はさすが! 家に持って帰ったらアッという間に家族に食べつくされてしまったため、写真がないことをお詫びします。

06hakodate_3それにしても、函館はどこに行っても絵になりますね。もちろん、函館山からの夜景も見ました!ロープウェイで夜の闇を上がっていくのが、また非日常感をかきたててくれて、本当によかったです。
写真は、元町の方の坂上から見下ろした景色です。
♪「港へぬける路地から 潮の香り流れてくるの
駆け出して見上げたら カモメがはばたいてゆくわ」
って歌が昔のアニメにありましたが、まさにそんな気分になりました。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

白い恋人パーク・チョコレートファクトリー

白い恋人で有名な、石屋製菓のチョコレートファクトリー@札幌に行って来ました。
チョコ好きとしては聖地に等しい北海道の中でも、ずっとここに来て見たかったんですよ。

レンガ造りのレトロモダンな外観が素敵で(写真はあとで追加UP)、敷地内では胸に「白い恋人」ロゴの入ったコンサドーレ札幌が練習を行っていました。

さてこちらのファクトリー、カフェやお土産ショップだけなら入館料なしで利用でき、入館してからは、チョコやシュガークラフト作りなどの工房体験も追加することができます。
今回は時間がなかったので展示観覧だけとなりましたが、次回こそは。

展示内容としては、チョコレートの歴史にはじまり、昔のチョコレートのパッケージやポスター、またチョコが液体で飲まれていたころに造られた、マイセンなどの「チョコレートポット」「チョコレートカップ」のコレクションなど、チョコレートを外堀から攻めていく感じでなかなか面白い。
山川義夫画伯の作品も展示されていますが、展示室に比して大きめの絵が多く、もうちょっと離れて全体を眺めたかったなぁ。北海道の風景を描いた作品が多くて、遠方から来た者にとっては興味深かったです。
館内の一部、天井と床が板チョコ(の模様)になっていたり、3Dシアターがあったりと色々趣向を凝らしているのですが、ユーザビリティがちょっと…と思う点もありました。
ま、そもそもは「ファクトリー」なので、実際の白い恋人の製造ラインをガラス越しに眺めて、ちょっと社会科見学気分。一見するとタダの一本道のベルトコンベアーのようですが、よく見ればなかなか面白い。コンベアーの進行速度が異常に遅い部分があって、なにかと思ったらそこではジーックリ時間をかけてホワイトチョコの温度を下げているのだとか。なるほど、チョコに急激な温度変化は禁物ですもんね。

また、後半は別棟・チュダーハウスの中を観覧するのですが、こちらはあまりチョコと関係なく、昭和の懐かしいおもちゃや歴史的な記念物がたくさん展示されています。
ブリキのおもちゃとか、のらくろとか、鉄腕アトムとか、王貞治のサインボールとか、ビートルズとかetc.
とにかく、ありとあらゆる物がコレクションされているようでした。

途中、ピアノ演奏流れるファクトリー内のカフェで、飲物のチョコレートとクーベルチュール3個セットをいただきました。窓際の席からは、ちょうどコンサドーレの練習風景が見渡せて、青い空と緑の芝生のコントラストにうっとりしながら寛ぐことができました。
一方、出口近くのカフェ(入館料いらずの所)では、日中だけのようですがケーキビュッフェもあり、空港などでは買えないご自慢のバウムクーヘンなども人気メニューのようです。
また、期間限定のケーキもあり、チョコレートだけにとどまらずなかなか種類が豊富でした。
今回は時間と胃袋の関係で、横にあるお持ち帰りショップでケーキとチョコレートをいくつか買って帰りました。今はイチゴのケーキの季節だそうで、彩りも鮮やかでしたね~。
ボンボンやクーベルチュールは数十種類の中から好きなものをチョイスして詰め合わせてもらえるので、選ぶのに迷いに迷いました。ホントは全部ほしかった(笑)
ワインやゆきだるまにつまったアイスも並んでいたり、地方発送もここからOK。必要なものはすべて整っています。

展示は正直言ってチョコマニア以外にウケるかどうかわからない所もありましたが、今回は、石屋製菓の「白い恋人だけじゃない」パティスリーとしての力を見せ付けられた思いで、宮の沢駅を後にしました。
写真はのちほどアップしますね。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

桜の味わい 笠松・名古屋の美味

限定カクテル桜花賞 前の記事でも触れましたが、名古屋にある競馬ファンの集うお店「K-BAR うまなり」さんで、今月限定のカクテル『桜花賞』をいただきました。
写真がピンボケで申し訳ないのですが、昼間みた青空の下の桜がよみがえるような、すっきり春らしい美味しいカクテルでした♪
また、こちらでトマトのお酒というのも初めて味わいました。
そういうものもあるんですねぇ。

Oguridai

また、笠松名物のお菓子といえば、名馬オグリキャップにあやかった「おぐり大福」。笠松駅すぐそばの「梅乃井」さんで好評発売中。
ほのかにシナモンの香る大福の中に、大きくて甘味の豊かな栗が大胆に入っています。冷凍されたものを売っていて、自然解凍したところを美味しくいただきます。これは単なる土産物ではなく本当に美味しいのでオススメです。

みそカツ弁当最後に、木曽川の土手で桜を愛でながら食べた「みそカツ弁当」。
フタ裏に八丁味噌のいわれが趣きたっぷりに書いてあるのがいいですね。甘い味噌にしっかりひたされたカツがおいしかったです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

帯広の食べ物2.スイーツ三昧

帯広といえばスイーツのメッカ。帯広駅の案内所にはスイーツMAPが置いてあるくらい。
いまいちピンとこない人も、「六花亭」や「柳月」の本店があると言われれば納得するのでは。
そんなわけで行ってきました、六花亭本店。生菓子やケーキなど、空港や土産物店では手に入らない品が揃っていてスイーツ好きにはたまりません。Obi_rokka
2階の喫茶室でこれらのケーキと飲物、ピザなどが楽しめるので、さっそくいってみました。
こちらはプチフールのプレート\380也。一つ一つの味も確かで、チョコレートケーキと柔らかいミルフィーユが特にGOOD。手前の3枚のチョコレート「マンス・ショコラ」は、手作りならではの2mmの薄さがウリ。ほどよくビターで甘くなくて、カカオニブの歯触りを楽しむのがオススメ。一箱36枚入りで売っています。小箱なのでかさばらずちょっとしたお土産に良いかも。
Obi_rokka2
こちらは同じく「六花亭」のティラミス。
テイクアウトして帯広競馬場の爽やかな風に吹かれながら食べました。
表面のココアパウダーが粒々していて、いわゆる「粉」ではないんですよ。チーズ部分の口どけがよくて、あっという間に食べてしまいました。


Obi_sw1続いては「クランベリー」本店の紫いもソフトクリーム。色はかなり淡いです。クリームがなめらか。
ここもイートインが可能で、お店のウインドウの外に見えるレトロな電話ボックスが異国情緒を醸し出していい雰囲気です。






Obi_sw2 おいもと言えば、「クランベリー」のオススメの一品はこれ。
グラム売りのスイートポテト。さつまいもの皮を底敷きにしてドーンと黄金色のスイートポテトがのっているのですが、何しろサイズがビッグ。大きめのオムライスくらいでしょうか。これらがショウケースに並んでいるので買うときに重さに応じて支払いをするって形です(だと思う)。
量は3人以上で1個かな。が、これが美味しい!おいものホクホク感はそのままに、まるでクリームのようななめらかな食感が絶品です。
駅でも売ってましたが、夕方くらいだと売り切れてしまうようなのでお早めに。

「柳月」の大通り本店にも行ってきました。「柳月」モノは、お土産に「三方六」という白樺の木を模したバウムクーヘンを購入。そういえば帯広競馬場から見た景色も、遠く青い山並みの手前に白樺の木立がたたずんでなんとも素敵でした。

帯広は温泉もあって本当にいい所でした。また行きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)