新年ひとつめ

遅くなりましたが新年ひとつめの記事です。

馬とチョコと野球といいながら完全に馬に偏ったブログですが、
管理人の下記のサイトともども、また今年もよろしくお願い申し上げます。

チョコレート博物館:市販のチョコの一覧はじめ、あれこれチョコについて語るサイト。
最近、更新を再開しました。

RED SPLASH:川崎競馬で活躍する山崎誠士騎手の応援サイト。昨年の写真をまとめ中。

DARK SIDE:その他競馬と野球について。ダンスインザダークと三井健一騎手、矢野貴之騎手、LJS関連(女性ジョッキー)など中心。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続・続・ビックリマンプロ野球チョコ2007:箱買いの最終報告

そういえば、箱買いした「ビックリマンプロ野球チョコ2007」、だいぶ前に食べ尽くしてました。30個入りなのでコンプリートするには6種類ほど足りないのですが、一つの箱内ではダブリがなかったためスムーズに30種集められました。
出た選手の内訳は以下の一覧を参照してください。

■日本ハム 八木智哉、森本稀哲、金村暁(ゴールド)
■西武 涌井秀章、中島裕之、和田一浩(ゴールド)
■ソフトバンク 和田毅、川崎宗則、松中信彦(ゴールド)
■ロッテ 渡辺俊介(ゴールド)
■オリックス 平野佳寿、清原和博、吉井理人(ゴールド)
■楽天 福盛和男、山崎武司、岩隈久志(ゴールド)
■中日 山本昌、井端弘和
■阪神 赤星憲広、金本知憲(ゴールド)
■ヤクルト 石川雅規、青木宣親、古田敦也(ゴールド)
■読売 二岡智宏
■広島 永川勝浩、新井貴浩、前田智徳(ゴールド)
■横浜 マーク・クルーン、村田修一、三浦大輔(ゴールド)

近所のコンビニではもう置いてないのですが、残りも集められたら集めようと思います。

■ブログ内関連記事
ビックリマンプロ野球チョコ2007
続・ビックリマンプロ野球チョコ2007

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鎌ヶ谷にボールホース登場@ファイターズVSグッドウィル

070801kamagaya1
こちらの記事でも書きました、鎌ヶ谷・ファイターズスタジアムでのJRA競馬学校イベントに行ってきました。
全部書くと長くなるので、ここでは先に簡単に紹介だけ。

ほんとによく晴れたいい天気で日焼けがきつかったのですが、ミニチュアホースたちも同様だったようです。体高が低く地面からの熱射をモロに受けるため、予想外の猛暑に小さいほうのミニチュアホース、ペールがお疲れ気味。当初はこのペールがボールホースだったようですが、もう一頭のアブゥに役目が回りました。
ヒマな時間は競馬学校の騎手候補生たちが日陰で休ませたり、鎌ヶ谷のファイターズマスコットのカビーにすっとウチワで扇いでもらいながら、なんとか任務遂行。
070801kamagaya2
▲金網ごしですが、始球式にて任務成功の瞬間!
練習用木馬の騎乗体験や勝負服での記念撮影会など、馬も人も、暑い中、お疲れ様でした。にこやかにお出迎えしてくれた25・26期の騎手候補生のみなさんは試合のスターター(守備位置に着く際、一緒にグラウンド入りする役)もつとめ、延長11回の最後までしっかりと観戦して行かれました。

ボールホースについては日本ハム球団側から打診があったとのことで、これでうまくいきそうなら一軍でばん馬のボールホースもあるかも?…とか。
ばんえいのリッキーで実現したら面白いですね。迫力ありすぎ。
いずれ試合内容についても詳しくまとめます。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

【ハッピーバースデー】山崎誠士騎手 【イベント】ばんえい&TCK、ファイターズ&JRA 

Y_seiji070729 ■7月29日。
山崎誠士騎手(川崎所属)、23歳のお誕生日おめでとうございます!

今日は大井開催で残念ながら騎乗はないのですが、常にパドックで笑顔を絶やさない姿と、精力的に遠征も行い、年を追うごとに存在感を増していく様子がとても頼もしく感じられます。
先日は重賞初制覇のパートナー・ロッキーアピールが引退しましたが、山崎騎手の手を必要とする馬たちはまだまだ沢山いるはず。今年の川崎の七夕開催でも、短冊に闘志満々の願い事を掲げていた山崎騎手なら、きっとこの先も大きなことをやってくれると信じています。

また今後も、ケガをせずに彼らしい思い切りの良い騎乗を見せてくれるよう、応援をしていきたいと思います。


■ばんえいイベントin大井競馬場
先週は川崎でばんえいイベントでしたが、今度はTCKです(公式の記事は→こちら)。
ばんえい大賞典の馬券500円分で、プレゼント抽選会に参加できます。ハズレなしなのがいいですね。ばんえいチョコやばんえいラーメンなど、なかなか手に入らない品も当たります。もちろん、トークショーもありです。特に矢野アナはばんえいトークのためにあちこちに出張なさってますが、ばんえい初心者にもわかりやすいと好評のようですよ。
その他の今開催「サンタアニタWEEK」のイベントは→こちら
毎年のこのWEEKは夏らしいお祭のようなイベントが多く、ついついビールも進んで楽しいです。

■鎌ヶ谷・ファイターズスタジアムでJRA競馬学校イベント
8/1(水)は、千葉県鎌ヶ谷市にある、北海道日本ハムファイターズの2軍球場でJRA競馬学校とのコラボイベントが行われます。
JRA公式サイトのニュース
北海道日本ハムファイターズサイトのニュース
試合カードはファイターズVSグッドウィル(西武2軍)です。

鎌ヶ谷市と競馬学校のある白井市はお隣同士のような感じなので、こういうコラボもありかと思います。ボールボーイならぬボールホースも登場とのこと、最近のプロ野球では動物にお手伝いしてもらう場面もよく見ますから、馬で実現したのは面白そうです。
また、ファイターズのマスコット「カビー」とJRAマスコット「ターフィー」の夢の競演も見所。熊と馬ですが、どんなコミュニケーションをとってくれるのでしょうか。
訓練用木馬に乗っての記念撮影もできるそうですが、モンキー乗り(やっていいのかな)をする方はお気をつけて(長時間やってて足をつった経験談より)。

鎌ヶ谷スタジアムはすぐ横に若手選手たちの寮もあり、これから表舞台で活躍していく競馬学校候補生たちとのコラボは、なるほど味わい深いものがあります。
私も久しく行っていないのですが、駅から離れた場所にあるのと、最近の関東地方の猛暑を鑑みて、行かれる方は準備は万端整えて行かれることをオススメします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

続・ビックリマンプロ野球チョコ2007

こちらの記事でも書いた「ビックリマン プロ野球チョコ2007」のその後。
箱買いしたものを日々少しずつ食べていってまして、着実に消費はしています。

ほぼ半分くらい食べましたが、今のところ出た選手の内訳は以下の一覧を参照してください。

■西武 涌井秀章、中島裕之、和田一浩
■ソフトバンク 和田毅、松中信彦
■ロッテ 渡辺俊介
■オリックス 平野佳寿、吉井理人
■楽天 福盛和男、山崎武司、岩隈久志
■阪神 赤星憲広
■ヤクルト 古田敦也
■広島 前田智徳
■横浜 マーク・クルーン、村田修一

一応、一枚もダブリが出ないで順調に来てます。パが多いのですが、日ハムが出てないのが意外。こんな感じで地道にやってます。コンプリートは遠い。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ビックリマンプロ野球チョコ2007

ビックリマンプロ野球チョコ2007
昨年に引き続き、今年も出ました『ビックリマンプロ野球チョコ』
発売元・ロッテの公式サイトによると、今年は各球団から3名ずつの計36選手がシール化だそうです。この記事を見た限りでは、まだ首都圏ONLYなのでしょうか。
そして昨年に続いてまたまた箱買いしてしまったわけですが、一箱には30個入りなので、1箱買ってもコンプリートはできないのですね。ま、地道に参りますか。
ビックリマンプロ野球チョコ
パッケージイラストを見る限り、昨年よりも絵がリアルになっている印象です。中身のお菓子はウエファース&チョコという、昔ながらのビックリマンチョコ。1枚につき121kcalです。
ビックリマンプロ野球チョコ2007の記念すべき今年の一枚目は、オリックスの平野佳寿選手でした。
07ball_bik3

| | コメント (0) | トラックバック (3)

やや遅ればせながら:日ハム優勝

北海道日本ハムファイターズの皆さん、パ・リーグ優勝おめでとうございます。

最後まで気の抜けない試合で好プレーも多く、ソフトバンクにも拍手を送りたいです。

優勝会見の席で監督や選手(特に新庄)が、裏方のスタッフさんや番記者、鎌ヶ谷やフェニックスリーグ参加の選手たちにまで触れたのは、あまり見られないことのように思いました。新庄が言っていましたが、本当に雰囲気のいいチームなんだろうなぁ、ということがうかがえてほんわか和みました。
また、祝勝会前にヒルマン監督がグランウンドに出て、グラウンドキーパーの方々やまだスタンドに残っていたファンに挨拶している姿がとても印象的でした。

駒大苫小牧の分まで…っていうのは言いすぎかもしれませんが、金村も戻ってくるし、日本シリーズでもぜひぜひ、頑張ってほしいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

早実・斎藤くんは大学進学へ

やはり、という感じでしたが、良かったんじゃないかと思います。
しっかりした子みたいですし、考えて決めたことでしょう。

会見の中で、
「自分は野球選手としても、人間としても未熟なので、大学4年間を通じて成長して行けたら」
という言葉がありました。
もちろん野球は彼の人生でとても大きなウエイトを占めるものでしょう。が、野球選手として、という前に、一人の人間として、立ち止まって考えてみた結果なんだろうと思います。
今、このままでプロ野球選手として、また、いち社会人として自分が世間に身を投じたら。
そこに不安があるなら、踏みとどまるのもまた一つの決断です。
同世代の仲間たちがより高いレベルの野球を求めてプロを志望する傍らで、きっと揺れ動いた時間も長かったでしょう。でも、選んだのは大学への進学。斎藤くんならこの選択を後悔することなく、しっかり歩んでいってくれるのではないかと思います。がんばれ!

それはそれとして、ドラフトは楽しみですね!
駒大苫小牧の田中くんはどこでもいいと言ってるそうだし、はてさてどうなりますか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

早実、悲願の初優勝!!

旭川旅行については後ほど書くとして、とにかく今日はこの話題で。

夏の甲子園、決勝戦が延長15回でも決着つかず、引き分け再試合に持ち込まれるという熱い戦いの中、栄冠を勝ち取ったのは西東京代表・早稲田実業でした。

さんざん言われているけど、もう両校優勝でよかったと思えるくらい、駒大苫小牧も素晴らしい試合ぶりでした。
「野球は筋書きのないドラマ」と言われます。
ミラクル逆転劇を演じてきた今大会、9回のツーランで追いつき、3連覇の可能性をつないだ場面は本当にドラマを見ているようでした。
そして最後のバッターは、エース・田中選手。
ストレートVS空振りで終わったときの穏やかな笑顔からは、
コメント通りの
「悔いはありません」
という気持ちが見て取れました。胸を張って北海道に帰ってほしいです。

早実・斎藤選手は、絶対中身は熱い人に違いないのに(じゃなきゃここまで一人で投げ抜けない)、それを表に出さずに淡々とここまできました。
お母さんから貰ったハンカチで汗を拭うのが、自らを落ち着かせる手段でもあり、
トレードマークとしても親しまれましたね。
お兄さんと二人で暮らしているなんて逸話も、またよかった。
肉体・精神のタフさと、投球の組み立てが抜けて上手い。そんな印象が強いピッチャーです。もちろんそれは捕手との信頼関係もあるからでしょうね。

捕手といえば、早実・白川選手、駒苫・小林選手ともに忘れてはいけないですね。
両チームとも投手は変化球を投げるし球速も出る。リードも一辺倒では持たないし、
一旦打たれたときにズルズル行く恐れもある。それがこの2チームにはなく、最後までしっかりした投げ合いが出来た土台でもあるのでしょう。
斎藤・田中両投手はもちろん、野手陣も炎天下で崩れることなく、
2試合とも最後まで緊張感の切れない試合で、見ていて後味の良さに繋がりました。

同じく再試合となった37年前の三沢VS松山商とよく比較されましたが、
当時の太田投手や井上投手に聞くと、
「延長に入って疲れも出ている中で長く投げていると、『相手投手も同じなんだろうな』と
不思議な一体感が沸いた」
というのです。
今回も、試合後のコメントで田中選手、斎藤選手お互いに相手を評価し尊重している姿勢もまた、高校野球らしい清清しさを感じました。

次は、日米親善試合でチームメイトとして顔を合わせる二人。
甲子園で戦ってきたライバルたちも多数参加します。
今はお疲れ様、と言いたいけれど、もう少し彼らの夏を応援したい気持ちでいっぱいです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ビックリマンチョコにプロ野球バージョン登場!

遅出しレポート「北神戸あじさい球場」の前に、こんな記事を。

7月18日に首都圏(静岡含)で『ビックリマン プロ野球チョコ』発売
http://bikkuri-man.mediagalaxy.ne.jp/news/172.html

ビックリしましたね。
いやシャレではなくて。
さすがロッテ、この野球上昇気流+自球団選手知名度UPの時を見逃しません。
渡辺俊介はキャラクター絵にしても映えますからね。
それにしても、パッケージの絵が面白すぎです。三浦の学ランもさることながら、西武の白獅子かぶった彼、おまえは旧ビックリマンの聖常キッソスか(シルエットだけ)。
金本は「鉄人」かな?本当に絵だけで十分楽しめるんですけど。

この記事によると「プロ野球シールガム」も発売するようです。
http://journal.mycom.co.jp/news/2006/06/06/320.html

使用される選手名も載っていますが、各球団2名ずつというのはちょっと少ないかな。
イラストを起こすのは大変なのでしょうが、せめて4人ずつくらいにしてもらえると嬉しいです。でもこの選手ラインナップみてると、絶対イラストにしやすい人を選んでる面があるな。とりあえず、種田のイラストに期待しましょう(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)